先生に依存せず、自分で状況判断して落ち着いて滑れるように・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内です。

先日赤倉温泉スキー場でのコブレッスンにご参加頂いたO様よりレッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

レッスンありがとうございました。コブの形状を分解して状況判断を行い、そのコブに対してどのような滑り方(狙う場所)で練習をするのかを整地メニューから教えていただけました。

これはフリーで100回コブを滑っても気づかないと思います。なぜなら、フリーでコブに入るとただ精一杯滑ってくる(降りてくる)という事になり、疲労で終始してしまうからだと思います。

基本ラインとバンクラインの練習メニューやコツを示してもらい、コブ一つ一つに対して練習課題ができました。最終的には上から下まで連続して滑ることが目標ですが、まずは一つ一つのコブを練習していけばよいということが分かりました。

以前は、できるだけコブを避けていましたが、最近はコブをみつけてどのような練習をしたらよいのか考え、積極的にコブに入るようになりました。

いつでもコブの中で止まれる方法を教えていただいているので、安心安全に一つずつスキルアップを目指していきたいと思います。

また、機会がありましたらよろしくお願いいたします。

Oさん、レッスンへのご参加ありがとうございました!

今まで避けていたコブ斜面を、見つけて積極的に入るようになった。

これが一番の成果ですね!

こうなってしまえば、どんどん上達していけるはずですので、皆さんもそうなって頂くための第一歩として私のコブレッスンを受けてくれればと思います^^

ず〜と先生が一緒でなきゃ滑れない・・ではなく、自分一人でコブ斜面の上に立ち、どこでコントロールして、どこにぶつかって、ということを自分で判断できるようになりたいですね。

そのため、レッスン中も簡単な質問をいくつかさせてもらったりしてます。

これは、自分一人で判断できてるかな?のちょっとしたテストです^^

誰かに依存するのではなく、自分一人で状況判断して落ち着いて滑れるようになること。

ただ技術の習得ではなく、そんなことも考えながら残りシーズンのレッスンにご参加頂ければと思います^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「丸い意識を消せ・ターンをバラバラに解体する」
・階段3 「完全停止からの始動と2つのラインどり」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*