コブ斜面での滑りで安定感を増すためには。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内です。

奥利根スノーパークでのコブレッスン中級クラスにご参加頂いたH様よりレッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

今シーズン2回目の中級クラス参加になります。1回目も同じ奥利根スノーパークでのレッスンでした。

自主練習の成果を確認する意味でも同じコブコースでのレッスンを受けることができたのはよかったと思います。

最後に撮影してもらえる動画を比較していろいろ研究するのが楽しみです。

さて、小保内コーチのレッスンでは、目指している動きのイメージをまずは止まった状態でつくり、その後整地での滑りで確認し、それからコブで同じ動きをやろうとします。

なので、不安を感じることなくしかも1本滑るたびに新たな技術やコツを自分にプラスすることができ、午後のレッスンが終わるころには自分の滑りが安定感を増しているのが感じられてうれしいです。

並んでコーチの説明を聞くときに、こんな動きですとその場でやってくれるのが大変参考になります(伸身抜重の動き方や、谷足の股関節から曲げる動き方や、コブにしっかり当たってから出口に向かうときのイメージなどが大変参考になりました)。

また、私の滑りをよく見ていてくれるので、もらえるアドバイスが的確だと感じます。今回はストックや視界について重要な指摘をいただきました。

急がずにレッスンが進んでいくのに、振り返ると大変たくさんのポイントを教わっているので、その後の自主練習のしがいがあります。

練習してまたレッスンを受けたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Hさん、中級クラスへのご参加ありがとうございました!

「安定感が増す」という私が一番大切にしたい部分を感じてもらえたようで何よりです^^

安定感を増すためには、ひとつひとつの動作を雑にせず、じっくり取り組んで頂くことが大事になってくるかと思います。

最初は止まった状態で確認し、滑りながら確認し、コブを滑りながら確認する。

また、陸上でできない事は雪上で滑りながらは絶対にできない事は間違いないはずです。

そう考えると雪上で滑っていない時にコブを安定して滑るための必要な動作を練習できると上達スピードが上がるのですが、おそらくほとんどの方がやらないと思います^^;

なぜなら、つまらないから(笑)

でも、このつまんない事をやった人はきっと上達が早まるでしょうね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:後傾を直したければこれを見よ!

「どうしても後傾姿勢が直せない。」
「後傾が原因でオーバースピードになる」
「後傾が原因で常にスキーが先行してしまう」
「もっと前!ばかり言われる。」
「前傾しようとすると上体がつぶれてしまう。」

といった後傾に関する悩みを持っている方は非常に多いかと思います。

後傾姿勢が直せない。という方は日常の生活で後傾姿勢で止まってしまっている。という疑いがあります。

この後傾姿勢を矯正するためにどんな練習をすれば良いのか?

動画で詳しく細かく説明します!

この動画を視聴する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*