苦手な足は特に意識を高く持って練習してみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内雅行です。

2月に岩手高原での小保内兄弟のレッスンにご参加頂いた、小笠原様よりレッスンの感想を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

少しは上達している感じはしますが、左足の右ターンがどうしても荷重が足りないことが痛切に感じました。

ホームゲレンデに戻り、練習しています。

一朝一夕には上達はしないが、また、少しうまくなったら伺います。よろしくお願いします。

練習あるのみです。

小笠原様、ご参加ありがとうございました!

小笠原様の場合は、左足が苦手でしたが私も一緒です(笑)

 

苦手な足は、どうしてもスキーの動かしや乗り込みが甘くなってしまいます。

その為、苦手な足が外足になった時に失敗。または、苦手な足は流れてターンをし得意な足だけでコントロールするという場合が多いです。

レッスンでもお話はしていますが、苦手な足は特に意識を高く持って練習する必要があります。

ちなみに、私も油断すると失敗します(笑)

 

苦手な足は、体で覚えるまで自分が思ってるより極端に動いてみましょうね^^

 

今週末のグループレッスンから岩手では、初級クラスと中級クラスを1日づつ開催です!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*