難しい斜面を滑るときの注意点!「難しい言葉で頭をいっぱいにしない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内です。

12/16,17(土,日)2日間連続でレッスンにご参加頂いたS様よりレッスンの感想を頂きました。

このレッスン中に行った「ちょいお尻だし」の姿勢がコブ攻略に効いたみたいです^^

以下、ご本人からの感想です。

今シ-ズン初のレッスンに参加させていただきました。

秘密のお尻だし効きました。

わかりやすかったです。

ボジションを意識するだけで発射せずに連続で完走でき自分でも驚きですね。

まだまだ意識することは、沢山ありますが、頑張って緩る目のコブからチャレンジして少しでも慣れる。

滑り降りれるように練習したいとおもいます。

今シーズン第1回のレッスンにご参加頂きありがとうございました^^

今回行った「ちょいお尻出し」の姿勢ですが、これを意識することで骨盤が立ちやすくなる方がいらっしゃいますね。

骨盤を立てる。もそうですが、股関節を・・〇〇骨を・・

言葉ではそれが正しいのかもしれませんが、私のレッスンでは、実際にお伝えするときはそのままの言葉で伝えるのではなく、簡単な意識でその姿勢になるための言葉選びを重視しています。

実際に単語一つで難しく感じたり、簡単に感じたりするものです。

ただでさえ難しいコブ斜面を滑る場合、自分の頭を難しい言葉でいっぱいにしないように気を付けたいですね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「丸い意識を消せ・ターンをバラバラに解体する」
・階段3 「完全停止からの始動と2つのラインどり」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*