簡単な動作の組み合わせで、難しそうなテクニックがいつの間にか出来るように・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内です。

4月の、エフスタイル代表・角皆さんとのコラボレッスンにご参加頂いた野月様よりレッスンの感想をいただきましたので紹介させて頂きます。

ズルズルドンから脱却を目標に参加してくださった野月さん、レッスンを受けられてどのような感想をもったのでしょうか?

以下、ご本人からの感想になります。

お世話になりました。

初日は角皆先生、2日目は小保内先生に教わりました。

角皆先生も小保内先生も、レッスンで共通して感じたことは、「とにかく爽やかで楽しい」ことです。

分かりやすいだけでなく、時に笑いも取りつつ皆をやる気にさせる、「雰囲気」作りも大事にしてくれる良いレッスンだと感じました。

3月に受講した時も思いましたが、小保内先生のレッスンは、難しい説明や動作はせず、一辺に色々な動作を意識させることが無いので、とても分かりやすいです。

実際、今回の整地でやった練習を集約すると、

(1)直滑降から板を横にズラシて停止
(2)斜め45度への進行から、板を横にズラす

のほぼ2つだけです。

しかし、これらのシンプルな基本動作を組み合わせ、リズムやタイミングを変化させてやるだけで、様々な滑りに発展していくという奥深さ(応用性)があります。

カービングでターンする意識なんか無くても、斜め45度への直滑降から、板を横にズラす動作を、整地でリズム良く繰り返せば、結果として綺麗なショートターンに仕上がるし、コブでそれをやれば、ズルドンよりも丸みのあるスライドターンに見えます。

このように、簡単な動作の組み合わせで、難しそうなテクニックがいつの間にか出来るようになっている。そんな特徴を感じました。

コブが本当に滑れなくて悩んでいる人でも、階段を一歩ずつ昇るように、無理なく確実に滑っていける仕組みが用意されている、素晴らしいレッスンだと思います。

2日間ありがとうございました。

野月さん、角皆さんとのコラボレッスン、2日間のご参加ありがとうございました。

レッスン前の紙芝居からはじまり、角皆さんの場の雰囲気作りはさすがでしたね^^

レッスン後のビデオミーティングでも、かなり活発に質問が飛び交っていて、皆さんの熱意が伝わってきました^^

 

私のレッスンの中身については、

コブは整地よりも難しいので、難しいことをなるべく避ける!

ということも大事だと思っています。

私のレッスンは、かなりシンプルだと思いますが、そこからご自身の滑りたいスピードに応じて、応用させていくことは可能です。

また、シンプルなことを正確にできれば、滑れない斜面は無い。

とも思いますので、まずは今回行った内容で、少しずつスピードをあげていってほしいと思います。

野月さん、2日間のご参加ありがとうございました!

 

今回のレッスンで行った、

(1)直滑降から板を横にズラシて停止
(2)斜め45度への進行から、板を横にズラす

の2点は、こちらの動画「階段3」で紹介していますので、ぜひ参考になさってみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「丸い意識を消せ・ターンをバラバラに解体する」
・階段3 「完全停止からの始動と2つのラインどり」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」

という4つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*