ズラしはコブの基本でもありますが、スキーの基本でもあるのでしっかり覚えていきたいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内雅行です。

3月3連休に岩手高原スノーパークでのレッスンにご参加頂いたお客様よりレッスンの感想を頂きましたので、まとめて紹介させて頂きます。

I様

今回、初めて岩手高原スキー場に行きました。コブコースは、緩斜面に作られているので恐怖心はありませんでした。
徐々に長い距離を滑れるようになるとコブも楽しいと感じました。
ありがとうございます。

O様

コブレッスン及び動画撮影ありがとうございました。
コブをボーゲンで、またスキーを横に向けて安全に滑るという概念が今までなく、スキー板の先端は常に下方を向けて滑らなければならないと思い込み、2~3ターンでいつも失敗しコブから遠ざかっていました。先生のレッスンにより滑れるきっかけをつかんだと思います。
また、動画撮影をみたら自分が思っていた以上に上体が高く参考になりました。
とても有意義な一日でした。
また、機会があれば参加したいと思います。
ありがとうございました。

西内様

雅行先生の「シュテムターンからのコブレッスン」を体験できて、シュテムターンと言う技術の幅の広さを知りました。
皆さんが滑る姿を見て、私もシュテムターンから練習して外側を回るターンができるようになるかもしれない(幻想?)とますますやる気が出てきました。
オンラインレッスンを見たこともとてもいい勉強になったのですが、ターンの初めからずらして外側を回ることが難しかったのです。
5人の生徒に各々求める物に応じて個別の指導をしておられたのにも感心しました。

谷村様

若いころはそれなりに滑っていたコブ斜面でしたが、今となっては、筋力でスキー板を振り回していたのだと痛感するばかり。
コブのどこを滑ればスピードコントロール出来るのか?毎年考え込んで、課題上積みとなるばかりでした。
レッスン中は、ボーゲンからステップアップ出来ませんでしたが、レッスン終了後、6時間券残りわずかで思い切って両足揃えてコブにトライ。
「あれっ」滑るラインとズラシでスピードコントロールができる↑悩んでいたことが嘘のようでした。
マグレ?と思い再トライ。太ももの限界で転びましたが、ラインとズラシは本物でした。
自分の滑りを観てもらって、その場でアドバイスをもらえるのは、とても有効です。
先生、ありがとうございました。これでこの値段は安いと思います。感謝でいっぱいです。

A様

小保内雅行様、先日はお世話になりました。
1級取得のためにコブの練習をしなきゃと思い参加させていただきました。
プルークでコブ斜面を滑るときのライン取りや外スキーへの荷重やずらし方など、今後、自分で練習をしていく上でヒントがつかめたような気がしています。
コブの楽しさを教えていただきました。来年もまた、参加させていただきたいと思っています。
ありがとうございました。

安倍様

岩手高原で3/18,19と参加させて頂いた安部です。基本が大事と言うことがよく分かりました。
お陰で様で、コブへの恐怖心が無くなった事が、今回の一番の収穫だと思ってます。
個人的にはもう少し少人数で開催すると満足度が上がると思います。
次のステップを目指して、練習に励みます!有り難う御座いました!

皆さん、レッスンご参加・ご感想ありがとうございました!

 

【基本が大事】

この事がレッスンに参加頂いて、皆さんよく分かってくれたのではないでしょうか^^

簡単そうに見えて意外と難しい、ズラし。

これだけでも、しっかりと覚える事ができればコントロールして滑れるのでコブにも挑戦しやすくなってきますね^^

ズラしはコブの基本でもありますが、スキーの基本でもあるのでしっかり覚えていきたいですね!

 

4月からGWの間は岩手県・夏油高原スキー場で、このズラすポイントをしっかりお伝えしていきますよ^^

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*