できる事なのに・・知識が邪魔しちゃってるパターンもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内です。

奥利根スノーパークでのコブレッスンにご参加頂いたS様よりレッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

お世話になりました。非常にわかりやすかったです。

例えば、体がターンの方向に回っているので、「もっと谷を向きましょう」ではなく、「谷足を引いて前後差をもっとつけてください。」

これで、無理に上体で外向を作らなくても谷に向くことができます。

一軸の時当たるのはここ、二軸の時はここ、等指示がきわめて具体的。

或いは、切り替えの時尻を落とさない。何故ならかかと荷重になり発射の原因となる。など、理由が明確。

ビデオを確認したところ、谷足の引きがまだ足りないなあ、確かに、切替の時股関節でリズムを取っているなぁと実感。

今シーズンの残りはこの2点を重点的に練習しようと思います。

Sさん、コブレッスンへのご参加ありがとうございました。

わかりやすく感じてもらえたようで何よりです^^

「わかりやすく」は、いつも気をつけてはいるのですが、一般的に正しいと言われている事を伝えるよりも、どうしたらできるのか?が大事だよな〜と今回の感想を頂いて改めて感じました。

 

ちなみに、正しい知識(本当に正しいかは不明ですが・・)を詰め込んでいるのになかなか上達しない方もいます。

そんな、知識ばかりがが先行してしまってる方に多いセリフとして・・

「○○しちゃだめなんですよね。」

「ターンの後半は○○じゃないといけないんですよね。」

「それはやっちゃいけないって言われました。」

・・・

何かにとらわれて、どうやったらできるか?という考えを知識が邪魔しちゃってるパターンです。

こちらに参加される方も「大体どう滑ろうが私の自由!」といった人の方が滑れるようになるのが早い気がしますね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「丸い意識を消せ・ターンをバラバラに解体する」
・階段3 「完全停止からの始動と2つのラインどり」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」

という4つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*