コブを上達するのにメンタルは関係あるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

奥利根スノーパークでのコブレッスンにご参加頂いた杉浦様よりレッスンの感想を頂きました。

自分はコブを滑る事ができない。。と思われていた杉浦さんですが、今回のレッスンで心の持ち方に変化を感じられたようです。

以下、ご本人からの感想文です。

今回のコブ初心者レッスンは、「自分でも練習していけばコブが滑れるようになれるかもしれないと実感できた」初めての経験でした。

今回のレッスンで得られたことは以下の3点です。

①「自分はコブを滑ることが出来ない」心理状態から、「シュテムでも良い。1ターンでも良いからコブを回ってみたい。それを2ターン、3ターンに繋げていけば良い。」という気持ちでコブに入っていくことができたこと。つまり、この気持ちで練習を始め、続けることができるように思えるようになったこと。

②小保内コーチに実際にシュテムターンで目の前で滑って見せてもらって、「ああ、ここからこのやり方で一つずつ始めていけば良いのだ」と実感したこと、自分のような本当のコブ初心者に最初のステップとして、安全な滑り方であることに加え、コブに対する恐怖心を持ったままで始めることができる、超低速なコブの滑り方という形を具体的に見せて教えて貰ったこと。

③最初にスキーをどこを目指して回して当てていくか、コブを「踏む」とはどういう意味か、何故しっかりコブを踏むまで目線をコブに固定するのか等、気をつけることはいくつかあるが何故そうする必要があるのかというのを一つ一つ実演、実習を交えて教わることができたこと、また、どうせコブに入ると頭は真っ白になるのだから練習するときにはそのうちの一つだけに気をつけることと言った、極めて有用かつ具体的なアドバイスを貰うことが出来たこと。

レッスン最後の動画を見てみると、教えて頂いたことの殆どができていませんでしたが、次はコブをきちんと踏むことだけを意識して練習しようという気になりました。

今まであきらめていたコブに入っていく気持ちを得られたことが、今回の最大の収穫でした。今シーズンまたどこかで時間の都合をつけて参加させて頂ければと思います。また、よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

杉浦さん、レッスンへのご参加ありがとうございました!

ご本人の感想に書いてある通り、残念ながら思い通りに滑るまでには至りませんでしたが、気持ちの面で少し前進できたようで私も嬉しいです^^

ちょっとした安心であったり、続ければできるようになるかもしれない!という気持ちになったり、メンタルも少なからず影響しますよね。

「よし!コブに負けないぞ!」といった強めの気持ち、、

ではなく!

この斜面なら大丈夫かもしれない。という斜面選び。

1コブで横に抜けるなら大丈夫かもしれない。と思える練習の仕方。

負けない強いメンタルではなく、少しの安心から自信に変えていくのが、コブ初心者にはおすすめです。

そして、良い意味で周りの目を気にせず、「私が失敗しても誰も見ていない」と開き直れる事も大事です。

失敗して怪我をしてしまうかもしれない・・という恐怖心は誰でもあるもので、消えてなくなることがありませんが、(消えない方が良い)失敗すること自体を恐れることは必要ありません。

失敗すること自体に恐怖心があったり、恥ずかしい、周りの目が気になる、といった方はこちらもご覧になってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料動画:もう周りの目を気にしない!あなたのペースで上達するための心構え

なかなか伸び悩んでいる方、あの人はどんどん上達しているのに私は・・とついつい周りと自分を比較してしまう方必見!

・上達とは何なのか?
・人はどういう上達曲線を描くのか?
・なんで周りと比較してしまうのか?

などなど、スキーだけではなくスポーツの上達に欠かせない心技体の”心”の部分にスポットを当てた約10分の無料動画をプレゼント

『少しずつでも自分を成長させていきたい』と願う方にぜひご覧頂きたい動画です。

無料視聴はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*