無理に逆ひねりをしないことで驚くほどターンがしやすくなりました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内です。

1/9に白樺湖ロイヤルヒルでのコブレッスンにご参加頂いたH様より、スピードコントロールがしやすく、スキーが楽しくなった!という感想を頂いたので紹介させて頂きます。

以下がご本人の感想になります。

先日はありがとうございました。

レッスンはとても楽しく、かつ、どのレベルの人にとっても、非常に効果のあるものだと思います。
また、コブだけでなく整地の滑りにも適用できる内容だと思います。

後日妻と滑りに行きましたが、二人とも滑りが明らかに改善しました。

妻は「外スキーを動かすこと、無理に上体で逆ひねりせず、動かした外スキーに乗っていくことで、驚くほどターンがしやすくなった。スピードコントロールがしやすく、スキーが楽しくなった。
と言っていました。

私も、コブだけでなく整地の滑りの調子が良くなりました。

習った滑りを整地の小回りに適用したところ、ズレが均等になり、ターン後半に圧が集中する癖が改善しました。

近年はスキースクールに入っても、内容がよくわからず消化不良になることが多かったので、今回のレッスンはとても良かったです。

シンプルでわかりやすく、楽しいレッスンが一番ですね。

機会があれば、ぜひまた参加させていただきたいです。

Hさん、ご夫婦でのコブレッスンご参加ありがとうございました。

感想で頂いたとおり、無理に上体をひねろうとせず、スキーを動かす事によってひねられる。

形は似ているようでも、まったく違った意識ですべれると思いますし、ひねりを作ろうとしてポジションを崩してしまう事の改善にもなるかと思います。

ぜひ反復して、どんどんコブにチャレンジして自分のモノにしていきましょう!

ひねりに関しては、こちらで良い例と悪い例を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メールレッスン:6日間無料で学ぶ!コブ斜面で失敗する理由と上達の秘訣

コブ斜面を滑ってみたいけど、一体どうやって練習しはじめればいいのか悩んでいませんか?これまで2000名以上のコブの滑りを見てきた中で、

・失敗する理由の8割を占めることとは?
・普段止まるときとは違います!減速の方法とは?
・吸収は必要ありません!

といったコブで失敗する理由と解決策を6日間にわたり無料でメールにてお届けします。ぜひコブ斜面攻略のイメージ作りにご活用ください。

 

無料登録はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*