整地でのポジションと動きの確認から丁寧にコブに入って、気合いは入れなくても滑る事を実感しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

P1360374こんにちは、小保内雅行です。

3月に奥利根スノーパークで、マンツーマンレッスンを受講してくれた本澤様よりレッスンのご感想を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

動画をお送りいただきありがとうございました。
1月に初めてのレッスンに参加して、気合いじゃなくて安全に入る方法を教わり、コブがあったら入ってみようと思えるようになって、自主練も出来るようになり、思いがけず、シーズン2度目のチャンスに恵まれました。

今回も、整地でのポジションと動きの確認から丁寧にコブに入って、気合いは入れなくても滑る事を実感。一か八かで突っ込んで行く必要もなく、ラインも見えるようになりました。

他の講習では、コブの中でのスキルを教わっても、たいていは「出来たことにして」と料理番組のように、先に進むので、置いてきぼりになることが多いのですが、雅行さんのレッスンではちゃんと、出来てから次に行って下さり、小さな一歩ですが確実に進めました。

まだまだ、急斜面のコブ、深い溝コブには太刀打ち出来ませんが、ラインが見えてきたので、染み付いている悪いクセを克服しつつ、練習していきたいと思います。

コブを滑れる人にとっては、足も揃わずばたばたしているようにしか見えないと思いますが、練習が楽しくなったので、人目は気にせず、マイペースに行きたいと思います

本澤様ご参加ありがとうございました^^

前回はグループレッスンでのご参加で今回はマンツーマンでご参加いただきました。

マンツーマンレッスンでは、グループレッスンとは違い個々の悪い癖なども修正しながらレッスンを行うことが出来きます。

また、整地でもコブでも細かい部分も教えれるので、より濃い内容のレッスンが出来るのもマンツーマンならではですね^^

 

コブを滑るときは気合だけでは滑れないです。

コブで安全に滑れる方法を知っていれば、気合は必要ないですね!

滑り方も分からない状況で、気合だけで滑れる方法があるなら私も知りたいです(笑)

 

気合いではなく、コブを安全に滑れる方法を学んで練習しましょうね!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料動画:もう周りの目を気にしない!あなたのペースで上達するための心構え

なかなか伸び悩んでいる方、あの人はどんどん上達しているのに私は・・とついつい周りと自分を比較してしまう方必見!

・上達とは何なのか?
・人はどういう上達曲線を描くのか?
・なんで周りと比較してしまうのか?

などなど、スキーだけではなくスポーツの上達に欠かせない心技体の”心”の部分にスポットを当てた約10分の無料動画をプレゼント

『少しずつでも自分を成長させていきたい』と願う方にぜひご覧頂きたい動画です。

無料視聴はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*