短い距離で逃げ道のあるコブ斜面で練習しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2016_02_13_o2コブはとにかく慣れろ!気合いを入れて突っ込んでいけ!

これらはすべて教える側の逃げのフレーズです。

気合いを入れて突っ込んでいったら危ないです(笑)

どうやったら安全にコブの練習に取り組む事ができるのか?それを教えるのがインストラクターの仕事ですからね~

今までコブは慣れだと思っていて、全く滑れなかった方が連続してコブを滑れるようになった事例をご紹介します。

以下、レッスンにご参加頂いた大草様からの感想です。

昨日はお世話になりました!

朝になってもやまない大雨のせいでレッスン開始前から心が折れていましたが、終わってからは「行ってよかった!楽しかった!」の気持ちです。

いままで一つも滑れなかったコブを続けて滑れるようになるなんて、びっくりです。

「コブは理論より慣れだよ」と言う人もいますが、今までは慣れようと思ってコブに入ってもまったく何をどうしていいのか分かりませんでした。

滑り方が分からないのに慣れることなんてできませんよね。

今回は、ずらす滑りがどういうふうにコブの中の滑りに結びつくのか、先に整地でしっかり教えてもらってからコブに入ったので、怖さもなくなって、2回目くらいで初めてすべることができました。

スキーの向いている方向ではなくてスキーがずれていく方向に目線を向けると言うのも(まだ出来ないけど)「ああ!そういうことか!」と納得しました。

板と一緒に体が回ってしまうのがまだまだ直りませんが、昨日のレッスンを思い出してコブの練習を楽しもうと思います。

またぜひ参加させてください。

ありがとうございました!

大草さん、レッスンへのご参加ありがとうございました!

雨の中、諦めずに練習した成果が出ましたね^^

整地でコブを意識した動きを身に付ける事が大切ですから、これからも整地とコブと交互に練習していってみましょう

そして、コブではゴールが見えているところからスタートすること、逃げ道を必ず確保してから練習すること。

この練習環境にも気を使ってあげてください。

 

コブを見てもどうやって滑ったらいいかイメージがつかない。。という方は、特に最初の練習環境に気を付けてください。

コース一面びっちりのコブ、逃げ道がない、コブ斜面の距離が長い。

そんな斜面で、いきなり斜面の上から突入しても、軽いパニック状態から抜け出せないと思います^^;

短い距離で、ゴールが見えていて、逃げ道が確保されている斜面を選びましょうね^^

 

◆全国各地・小保内祐一の出張コブレッスン
└ 週末グループレッスンスケジュール
└ 1~3名の少人数マンツーレッスン

◆長野県・白樺湖ロイヤルヒルコブ専門スクール(担当:高橋正二)
└ 週末グループレッスンスケジュール
└ 1~3名の少人数マンツーレッスン

◆岩手県・岩手高原コブ専門スクール(担当:小保内雅行 他)
└ 週末グループレッスンスケジュール
└ 平日グループレッスンスケジュール
└ 1~3名の少人数マンツーレッスン

◆オンラインレッスンで自主練
└ コブ斜面の滑り方動画マニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「丸い意識を消せ・ターンをバラバラに解体する」
・階段3 「完全停止からの始動と2つのラインどり」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*