正直、二回目で少しでもコブ斜面を滑れるとは思いませんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

●正直、二回目で少しでもコブ斜面を滑れるとは思いませんでした。

こんにちは、小保内です。

2月の奥利根スノーパークでのコブレッスンにご参加頂いた阿部様よりレッスンの感想を頂いたので紹介させて頂きます。

奥利根のグループレッスンに参加した阿部です。
今回、二回目になります。
整地の練習では、板のズラシ方、体と板の位置関係、バランスの取り方、ズラシをしながら板を回すことを教わりました。
悪いところ、うまくいかなかった時は、その都度チェックし、その場でわかりやすく丁寧に教えてくれるので凄くタメになります。
正直、二回目で少しでもコブ斜面を滑れるとは思いませんでした。
自分でもビックリです。
板を回す動作が上手くないので、コブ斜面では体が引けて、どうしても板を回すタイミングが遅れてしまいます。
まだ、コブに対しての怖さがあるので、教わったことを反復に練習し、コブ斜面にも早く慣れたいと思います。

今回でレッスン参加2回目、2度目のコブ挑戦の阿部さん、ありがとうございました!

1回目のレッスンの時と比べて、スキー操作がかなりレベルアップしましたね^^

コブを安定してゆっくり滑るためには、スキーを操作、動かさなくてはいけません。

コブって細かいので、場合によっては3M先、2M先で素早くターンを仕上げなくてはいけません。

整地だとこの制限が無いのですが、コブでは「ここまでに必ずターンを終了させなくてはいけない」という制限があるため多くの方が苦戦するわけです。

決められたスペースの中でターンを仕上げるには、自らスキーを動かすということが重要になります。

素早く回したり、ゆっくり回したりしながら様々な動かし方を身に付けると同時に、整地で回したり、モサモサしたバーンで回したり、壁で回したりと、場所も変えて練習していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「丸い意識を消せ・ターンをバラバラに解体する」
・階段3 「完全停止からの始動と2つのラインどり」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*