「ある意識」で内倒しづらくなった事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小保内です。
昨日のマンツーレッスン、昨年に引き続き2回目の大澤様でした。

ターンの内側に体が倒れてしまう、いわゆる「内倒」

コブ斜面や難しい斜面を滑るときにこの内倒は厳禁なのですが、大澤さんもこの癖がなかなか抜けずにいました。

とりあえず滑っては来れるんだけど、この内倒が原因で安定感が出ずにいました。

しかし、今回のマンツーレッスンで、ある意識を整地から叩き込んだことで、急斜面のコブもまるで別人かのごとく安定して滑るようになれました^^

ある意識とは、こちらの事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「丸い意識を消せ・ターンをバラバラに解体する」
・階段3 「完全停止からの始動と2つのラインどり」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*