速いスピードで滑ってもコブをクリアでている自分を発見しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

●速いスピードで滑ってもコブをクリアでている自分を発見しました!

小保内です。
3/29に高橋・小保内コラボコブレッスンにご参加頂いた河村様よりレッスンの感想を頂きましたので紹介させて頂きます。

1月に引き続き2回目のレッスンも大変勉強になりました。
コブ斜面を滑る方法として、コブの外側を大きく回る方法と、コブの内側を直線的にスライドしながら滑るモーグルを同時に教わり、それぞれの利点が比較でき、大変面白かったです。
1月に教わってから、毎週色々な状況のコブを求め野沢、八方、五竜、奥伊吹、メイホウなどを周りました。39度から緩斜面、アイスバーンからザラメ雪、色々な条件で滑りました。
2回目の今回は、1月に習ったことの確認と、忘れたり聞き逃したことの再確認をしたくて参加しました。
前回は、他の参加者の滑りを観察する余裕が全然ありませんでしたが、今回は、外向がとれて成功している滑り、板と体が一緒に回ってしまって、谷側へ移動できず失敗している滑りなど観察ができました。
その中で、自分に足りないのは腰と板が同じ方向を向いてしまって、谷側に体をずらせない状況がハッキリ分かったので、特に腰の向きが常にフォールラインを向くよう意識して滑ったら、前回よりも速いスピードで滑ってもコブをクリアでている自分を発見しました。
今後は更に色々な条件でも滑られるようコソ練に励みたいと思います。

速いスピードでも安定して滑れるようになったのは、ゆっくりを丁寧に練習した成果ですね^^

スピードは徐々に上げていくことが重要です。

退屈でも、最初の超低速での練習を根気よくこなせた人だけが、スピードを出しても安定している状態にもっていくことができますね!

河村さん、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「丸い意識を消せ・ターンをバラバラに解体する」
・階段3 「完全停止からの始動と2つのラインどり」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」
・階段5 「スピードメーターを広げる」

という5つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*