メールレッスンの理解が深まり実践することができました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小保内です。
3/9,10の白樺湖ロイヤルヒルでのコブレッスンに参加頂いたお客様より感想を頂きました。

レッスン参加に少しためらいもありましたが、おもいきって参加して良かったです。
メールマガジンの方でも、勉強させていだだいてたのですが、その時は、コブの中での様子を頭で映像化できませんでした。
<コブに当たる時エッジをたて過ぎない>
コブのどこの場所なんだろう? 
コブって斜めになってるけどコブの上って何処?
板の裏全体に乗るイメージって等、それが当日のレッスンで、メールの言葉の意味が理解できました。
コブは、上級者でなきゃ滑れない。
一旦コブに入ったら滑り切らなきゃコブから抜けれない。
そんな風に思っていた私には、コブの中をゆっくり滑る方法があることを知ったたけでも目からウロコでした。
子供がスキーを始めたのをきっかけに、今シーズンから14年ぶりにまた滑り始めたものの、自分でもうこれ以上、スキーレベルの進歩はないなと決め付けていましたが今回のコブレッスンが良い啓発になりそうです。
丁寧な教えありがとうございました。
自分の滑りのビデオが恥ずかしい (^^;)

こちらのお客様は、こちらのメルマガも読んでくれていました。
ただ、なかなか頭の中でイメージできなかったようで、それが今回のレッスンで理解が深まったようですね^^
これがもし、こちらのメルマガで事前に頭に入っていなかったら、当日レッスンの時の理解度も低かったかもしれませんね。
これからレッスンを参加される方もそうでない方もメルマガをぜひ一度確認しておいてくださいね^^
こちらでは、メールレッスンの内容を雪上で実践して体感して頂けます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*