ずっと避けてきたコブ斜面が気づいたら滑れてました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小保内です。
2/9(土)に白樺湖ロイヤルヒルでのコブレッスンにご参加頂いたお客様からメッセージを頂きました。

コブ斜面で骨折という、3年前の悪夢の呪縛からなかなか逃れることができず、ずっと避けておりました。
しかし、いつまでもコブ苦手を公言したままではいられませんので、ちょうど宿直明けでもあり、白樺湖へは比較的早く行けますので、 コブのプロである小保内コーチのコブキャンプをチャンスと捉えることにしました。
私にとってコーチの指導は独創的で、いつの間にかコブを滑れるようになるというものでした。
まだ右ターンの傾斜などにおかしな癖が残っているようですが、コブ滑走復活への足がかりが見えてきたような気がします。

一度怪我をしてしまうと、どうしても恐怖心からコブを避けるようになってしまいますよね。
それも、ゆっくり滑るという事ができればほとんどの場合で再チャレンジして頂くことが可能になります。
はじめは整地で、ゆっくり滑る練習を行うのですが、
「こんなにゆっくりなの?」
「こんなにゆっくりだと次のターンに入れない」

という声が上がります^^;
こちらでは、決して無理な挑戦をするのではなく、小さなステップを踏んでいくことを最重要視しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*