既にカウントダウンが始まっています!

こんばんは。
小保内雅行です。
今年も、あと2日で終了。
早いものです^^;
今年のカウントダウンはどこでしようか考えてます^^
家でテレビを見ながらカウントダウン。
これが一番ですかね^^
お酒を飲みながら。
と言いたい所ですが、ここ3年くらいのカウントダウンは夢の中です^^;
さて、こちらは既にカウントダウンが始まっています!
■上級者参加禁止!はじめてのコブ
■小学生以下対象【ハの字脱却大作戦】
両キャンプ、定員の半数を切っています。
お急ぎご予約ください!

完全にピタッと止まれますか?

こんばんは。
小保内です。
天候にも恵まれた3連休、岩手高原でのコブレッスンに参加頂いたみなさんありがとうございました^^
はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方
上級者は参加禁止という事で、みなさんコブ初めてや挑戦してみるけど直ぐに弾かれたり、スピードが出てしまうというお客さん。
どうしたら、コブを自分でコントロールしながら滑れるのか?
というのを、整地から学んで頂きました。
今までも何回も言っているように、最強のスキーヤーは【どんな斜面でも思い通りにターンができて、安全に止まれる】だと考えています。
どんな斜面でもという事は、もちろんコブ斜面でもですね^^
1コブづつ止まるんですよ!
完全にピタッと。
皆さんはできますか?
出来ないなら、それはコブの滑り方を分かってません。
でも滑れるよ。
という方は、スピードでごまかしたり、体がバラバラになってカッコ悪く滑ってるはずです。
自分ではカッコよく滑ってるつもりでも、他の人が見たら実は・・・(笑)
ってなってる可能性大です。
それでは、絶対に上達しません!
断言します!!!
まずは、こちらで学んでください。
それでも、出来ない方は1月にも開催するレッスンに参加してみてください^^
■上級者参加禁止!はじめてのコブ

上達するのはあなた自身です。

こんにちは。
小保内祐一です。
レッスンって上達への最短距離を進むためのものですが、レッスンを受ける前に必ず確認しておいてほしいことがあります。
それは、
道具の確認ではありません。
技術レベルでもありません。
上達するのはあくまでも自分自身
という心構えを確認しておいて欲しいです。
たまに、自分の上達をすべてインストラクターに委ねていらっしゃる方がいます。
「上達させてくれ」
というスタンスですね^^
はっきり言って、この心構えでは、上達するものもしません。
インストラクターとしてお客様を全力で上達へ導くのは当然であり、大前提ですが、あくまでも上達するのはお客様自身です。
上達させてくれ状態だと、絶対に上達しません。
それを上達させるのがインストラクターの仕事だと言う方もいるかもしれませんが、僕はそうは思いません。
レッスン内容を吸収して、上達するのはあくまでもお客様自身です。
でないと、その場限りで自分の身にならないからです。
私たちのスクールには、この事をご理解頂いた上でご参加くださいね。

◆はじめてのコブ・オンライン
コブ初心者のための、自主練用動画をステップバイステップでお届けします。
◆もうコブから逃げない!6日間無料で学ぶメールレッスン
6日間無料で学ぶ!コブの滑り方無料メールレッスン

登らせてあげます。

こんにちは。
小保内祐一です。
子供向けのレッスンで「ハの字脱却」をテーマにしたレッスンを開催してます。
色々な遊びを駆使してハの字脱却へと導くのですが、その中のひとつ誰でも教えられることがあります。
それは、小さな山に登らせることです。
そもそも足を揃えて滑ることは難しいことではないのに、なぜハの字がとれないのかというと、スピードを抑えたいと思うからですよね。
そこで、勝手にスピードを落とせる状況で滑らせることが近道になります。
登りは、勝手にスピードが落ちますよね。
目印を決めて登らせてあげてください。
子供たちはハの字じゃ登れない。
と、勝手に気づいて、足を揃えて一生懸命こいで滑ってきてくれます。
こんなちっぽけな事から、ハの字を脱却するキッカケになってきます。
遊びを入れてあげた方が、ただ滑ってるよりも楽しいですしね^^
逆にハの字を脱却するのために絶対にしてはいけないのは、子供が「スピードを抑えたい」と思う斜面に連れていかないことです。
お子さんと一緒に滑るときにちょっと試してみてください。

満員になりました。

こんにちは。
小保内祐一です。
1/19,20に開催の群馬県奥利根スノーパークでの出張コブレッスン、満員となりましたので、募集を締め切りました。
ご予約頂いた皆さんありがとうございました。
当日お会いできるのを楽しみにしております^^
ただ、キャンセル待ちでの受付は引き続き行っておりますので、もしキャンセルが出た場合は予約順にご連絡を差し上げますね。
見逃した!という方も一応キャンセル待ちで予約をしておいてください。
もしかしたらチャンスがあるかもしれません。
奥利根・エフスタイル木下校長とのコラボレッスン

これを直さないと上達はできません!

こんばんは。
小保内雅行です。
突然ですが、自分の滑りって見た事ありますか?
友達にビデオ撮影してもらい、自分の滑りがどうなっているか確認した事ありますか?
これって実はすごく大事なんです。
あの人は出来てるのに、なんで自分にはできないんだろう?
しかも整地でのレベルは、同じか自分より上手くないのに・・・
それには必ずと言って原因があります。
ただ、その原因は自分の滑りを見るか、誰かに指摘してもらわないと直りません
私たちのレッスンを受講されるお客さんでも、そういう疑問を持っている方は沢山います。
整地では自分の方が上手いのに、コブに入ると出来なくなる
それは、滑りの中でどこか悪いクセがあるからです。
悪いクセがある限り、上達はできません。
でもそれは、自分で滑ってるだけでは気づきにくいです。
だから、自分の滑りを撮影してもらい自分のクセを見抜かないといけません。
自分の滑りを見ても、どこが悪い原因なのかわからない方は友達に指摘してもらうか、レッスンを受講するべきです。
■上級者参加禁止!はじめてのコブ
まずは、自分の悪いクセは無いか確認してみましょうね^^

ターンの時に、力を発揮してくれます!

こんばんは。
小保内雅行です。
ようやく私も、初滑りしました。
やっぱりスキーは楽しいです^^
ゆっくりとしたスピードで、一つ一つ確認しながら滑りました。
いきなり調子に乗ってスピード出して滑ると、怪我しちゃいますからね^^;
怪我なんかしたら今シーズン終了になっちゃうので、それは絶対避けたいですね。
さて、いつもなら初滑りは少しぎこちないんですが・・・
今シーズンは違いました!
しっかりと板に乗れて、踏む事もできました^^
それは、この道具を着けて滑ったからです!
やはりターンの時に、力を発揮してくれます^^