コブ斜面での2大失敗パターン、後傾&内倒を防ぐ自宅でできるエクササイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、小保内です。

7月に第1弾を配信しましたが、コブでの2大失敗パターンを解消する!自宅でできるエクササイズ動画

第2弾が完成しましたので配信開始致します。

コブでの2大失敗パターンということで、第1弾は後傾を防止するための姿勢作りを中心にお届けしています。

そして今回、失敗パターンの2つ目

『内倒』

での失敗を防ぐためのエクササイズを配信開始します。

コブで発射しやすい・・という方はもちろん、

他にも、

・エッジが立ちすぎてスピードがどんどん出てくる。
・スキーをコントロールできている感じがしない。
・ゆっくり滑ってるはずなのに動きが忙しい。

こんな方にぜひ取り組んで頂きたい動画となっております。

前回の後傾、そして今回の内倒、この2つを改善することでコブでの安定感は大きく変わってくるはずです。


※動画の一部。本編は約120分程度の動画となります。

第1弾は姿勢に関する内容が多かったですが、今回は実際のスキーをイメージした”動き”が多めの動画となっております。

雪上での練習ではないので、ちょっと退屈かもしれませんが・・

「陸上でできないことは雪上でも100%できない」

ということに間違いはありません。

ご自身のやれる範囲で結構ですので、思いついたときに動画を見ながらエクササイズを続けてもらえればと思います。

そのために、自宅で道具が必要なく、スペースも最小限でできるようなエクササイズとなっております。

秋の気配が強まり、冬が着実に近づいています。
そろそろスキーのイメージをしながら体を動かしていきましょう^^

コブでの2大失敗パターンを解消する!自宅でできるエクササイズ動画の詳細、本編の視聴はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:コブでの2大失敗パターンを解消する!自宅でできるエクササイズ

コブでの2大失敗パターン「後傾」そして「内倒」

上手な方でも失敗するときはこの2つで失敗する場合が多いのではないでしょうか。

逆に言えば、この2つを発生させなければ、安定してコブ斜面を滑る事が可能になるという事です。

では、「この2つの失敗パターンを発生させないためにどのような練習を行えば良いのか?」

この動画では、この失敗パターンを発生させないための姿勢とからだの使い方に焦点を当てた動画となります。

道具が必要なく、広いスペースを必要としないので、自宅で気軽に取り組んで頂けます。

「陸上でできない事は雪上でもできない。」ということは間違いないと思います。

雪上で一生懸命練習する前に、このエクササイズを行うことで効率よく上達していくことが可能になるかと思います。

この動画を視聴する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*