バンクの壁が急な場合はどうしたら良いか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2015_12_02_o1こんにちは、小保内です。

いよいよシーズンがはじまりましたね^^

私もすぐにでも初すべりに行きたいところですが、ありがたいことに今はレッスン申込対応だけで精一杯です(笑)

さて、先日コブの滑り方動画マニュアルをご覧頂いたお客様よりこんな質問を頂いたので紹介させて頂きます。

「最近はラインコブが多く、溝の外側のバンクが急な壁になっていたりします。ズラす事ができずにコントロールを失ってしまいます。こういう場合でもバンクを滑らなくてはいけないのでしょうか?」

答えはNOですね。

バンクが急な壁になっている。

バンクにモサモサの雪が溜まっている。(特に春)

といったバンクが難しい状況にある場合は、そうでない場所を選びましょう。

2015_12_02_o2

もちろん溝の一番深い部分は回避したいので、溝の外側であるバンクではなく、溝の内側を使えると滑りの幅が広がりますね。

もしくは、バンクの中でも、バンクの高い位置を狙うのではなく、バンクの低い位置を狙うなどの使い分けが必要になってきます。

文字だけだと説明しづらいですが、バンク一辺倒になってしまわないよう注意したいところです。

 

この辺のラインどりに関する事は、動画マニュアルの階段4で紹介しています。

興味のある方はぜひご覧ください^^

ちなみに、階段4の特別版は今月いっぱいで終了となりますので、ご注意くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

動画:見て質問して自主練できる!コブ初心者のための動画マニュアル

通常のDVDとは違い、質問しながら自主練できるステップバイステップ動画をお届けします!普段雪上で行っているレッスンの内容をそのままに、

・階段1 「究極の低速」
・階段2 「丸い意識を消せ・ターンをバラバラに解体する」
・階段3 「完全停止からの始動と2つのラインどり」
・階段4 「コブを制覇する4つのラインと無数のバリエーション」

という4つのステップに分けられた動画を見て、質問しながら自主練習が可能になります。遠方でレッスンに参加できない方もぜひご活用ください!

動画マニュアルを見る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 中戸川 茂雄 より:

    お陰様でビデオを見ては毎週各スキー場へ出かけ実践しまして長年逃げ回っていたコブ斜面コブ具合ですが下手くそなりノンストップで滑ることが出来、しばらく滑ってきた斜面をうるうる加減で眺めました。
    しかし白樺湖ロイヤルヒルでレッスンがあるとのお知らせを聞いて下見に行きました、ほぼゲレンデの中ほどに1本有る3月初旬のコブの間隔が短く狭いビデオにはない斜面には完敗、悔しくて翌週行ったフジテンのなんちゃってモーグルコース白樺湖ロイヤルヒルと似ていますが、コブがチョット大きめこれも完敗、その翌週に出掛けたサノサカスキー場のきれいに整備されたコブで上記の感激がありました、斜度の問題かと思いますがアドバイス戴きたい処です、当方老齢に付き何本も出来ず感激再びと思えどサノサカスキー場は3月いっぱいで終了又来シーズン。他にお勧めのスキー場有りましたらご教授下さい。

    1. 中戸川さん

      こんにちは、小保内です。
      動画ご覧頂きありがとうございます。
      ぜひこれからも楽しく練習を続けていってくださいね^^

      上手くいくコブとそうでないコブの差ですが、想像ですがコブの形状の違いもありそうですね。
      滑りにいったスキー場では、階段4のラインどりそれぞれを試してみて、そのコブで一番やりやすいものを選んでみてください。
      http://obonai.net/lp/online

      今後は、上手くいかなかったというフジテンや白樺湖ロイヤルヒルのコブを重視して練習してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*