登らせてあげます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
小保内祐一です。
子供向けのレッスンで「ハの字脱却」をテーマにしたレッスンを開催してます。
色々な遊びを駆使してハの字脱却へと導くのですが、その中のひとつ誰でも教えられることがあります。
それは、小さな山に登らせることです。
そもそも足を揃えて滑ることは難しいことではないのに、なぜハの字がとれないのかというと、スピードを抑えたいと思うからですよね。
そこで、勝手にスピードを落とせる状況で滑らせることが近道になります。
登りは、勝手にスピードが落ちますよね。
目印を決めて登らせてあげてください。
子供たちはハの字じゃ登れない。
と、勝手に気づいて、足を揃えて一生懸命こいで滑ってきてくれます。
こんなちっぽけな事から、ハの字を脱却するキッカケになってきます。
遊びを入れてあげた方が、ただ滑ってるよりも楽しいですしね^^
逆にハの字を脱却するのために絶対にしてはいけないのは、子供が「スピードを抑えたい」と思う斜面に連れていかないことです。
お子さんと一緒に滑るときにちょっと試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*