上手な方は溝の中を滑ってるんじゃないんですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
小保内です。
はじめてのコブオンラインでは、専用のコメント欄で疑問質問を僕にぶつける事がいつでも可能なのですが、そのコメントの中でとてもいい質問を頂いたので、紹介させて頂きます。

~一部抜粋~
上手な方々は整地に深く刻まれた溝コブの中に入って、その溝の中で板をズラシて速度をコントロールしながら安定して一定の速度で滑っておられますし、私もいつかはそのように滑ってみたいと思いつつ1コブめで打ちのめされていますが、
「溝に入らずに溝の外側の整地の一部を滑る」という練習で上手な方々のように溝の中を滑れるようになるのでしょうか?

階段1の動画では、1コブで止まるという事に焦点を当てていますが、完全に止まるために溝の中ではなく、溝の外側を利用しています。
それに対して、こういった質問を頂いたわけです。
この質問に対する僕の答えはこうです。

まず、上手な人=溝を滑っている
これは残念ながら間違いです。

溝を滑る場合もあるし、そうでない時もある。
が正しいかなと思います。
今回の動画では、連続ターンをする前に1コブで止まる事を前提にしていますので、板を完全に横にできる外側のモサモサを使っています。
もし、〇〇さんが溝を滑ろうと思ってスタートしても1コブで打ちのめされているのであれば、今回の外側で止まる練習は効果的です。
そして、おっしゃる通り溝の外側は高低差が少ないので、整地に近い感覚でコブを滑る事ができます。
もちろん、これで全てが完成ではなく、ここから徐々に内側(溝)にも近づいて練習していくことも大事です。
そのためにも、まず「止まる」という事になります。
止まれる事が身に付かないと連続ターンは絶対に無理です。
これは整地でもコブでも一緒ですね。
その初歩の初歩だと思ってくださいね^^
これができて初めて溝に近づいていけるかなと思います。
溝は難しいから、溝から離れたところから始めましょう!
という事ですね。

改めて多くの方が、理想と現実のギャップで苦しんでるんだな~と感じました。
上手に滑るには上手な人を真似ても無駄です。
あなたの今、あなたの現実に合った小さな階段を用意して足場を固めながら一段ずつ確実に上って行くことしかありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*