誰に教わるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
小保内です。
「レッスンを受講する。」
一緒に滑る仲間や教えてくれる人が身近にいない場合、レッスンを受けるのも上達の近道ですが、
問題は
「どこのスクールに入るか」
ということと、
「どの先生に教わるか」
です。
同じスクールでも先生によって教え方は様々で、本当に信頼できる先生を見つけないと上達が遠回りになってしまうなんてことも・・
ひとつ言えることは最新のテクニックばかり教えたがるところは避けた方がいいということです。
特にここ数年のトレンドと言われていたテクニックは、難しい斜面において非常に脆弱なものが多いです。
もう一つは、自分が教える以外のテクニックを批判するインストラクターは止めた方がいいでしょう。
スキーのテクニックというのはたくさんあった方がいいのです。
最近のトレンドは脆弱だったけど緩斜面を楽に滑るには都合が良い。
という風に、状況を選んで使えるように吸収しておけばいいのです。
ただ、そんな中でも基本だけは変わりません。
大事なのは基本を重視してくれて小さなステップを自分に合わせて踏んでくれるところです。
コブで言えば私がお勧めできるのは
長野県白馬五竜の角皆さん
群馬県奥利根の木下さん
この二人は僕もコラボしてレッスンをさせてもらってますし、
(今年も計画しています。)
10年前から僕自身も教わってますので自信を持ってお勧めできます。
10年前から教えていることが一貫していて、ブレてません。
難しい斜面をすべるための基本は10年前から変わってないんです。
その基本が強固なものになる前に最新のテクニックばかり練習していると上達しているようで、まったく前進できていない。なんとてことになりかねません。
小手先のテクニックだけに流されないように気を付けたいですね^^;
僕のレッスンも基本しか重視していません。その先の細かなテクニックは個々のレベルに応じて伝えていくようにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*