本番に弱い男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「本番に弱い男」
かつて、
こう言われ続けていた小保内です。
本番とは、大会だけに限らずデモンストレーションや、お手本として滑る場面でも。
スキー技術ではなく、そういう状況に対して”僕の心”が脆弱だったのです。
今では、少しずつ克服してきましたが基本的に憶病で、格好つけで周りに上手な人がいると自分がどう見られているのか気になって仕方ありません。
ただ不思議とレッスンをしている時はそんなことが全く気にならないのです。
自分でも良くわかりませんが
「一人じゃないから」
かなと思っています。
だから、普段滑るときもできれば一人で滑るよりは二人や三人で滑った方がいい。
お互いの滑りを見合って指摘する事も出来るし、楽しさも増えるしテンションも上がる。
今冬は、一緒に滑ってくれるスキー仲間を見つけてみてください。
良いパートナーが見つからない場合はレッスンを受けるのも一つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*