技術は一つではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。
小保内祐一です。
技術には主流と呼ばれるものがあります。
主流を作ることで、目的や目標を定めたり、一定の流行りを意図的に作ろうとしているもののように思います。
そして、意味不明な単語が飛び交ったりするのが、大変残念でなりません^^
僕は、すべてを否定せず、テクニックの引き出しを増やしていくことが、大事だと思っています。
滑る場所の状況に応じて、あらゆるテクニックを駆使しなければ、滑れる場所は限られてしまいます。
今までのテクニックを否定するのではなく、新たなテクニックをそこに足していき、
テクニックの使い分けができることが大切です。
時には、ある技術を身に着けるために、捨てる作業が必要かもしれませんが、最強はあくまでも使い分けができることですね!
そのためには、あらゆる斜面で色々な滑りを試すことです。
整地ばかり滑っていてはダメです。
コブばかり滑っていてもダメです。
今シーズンも一つ、滑りの幅を広げましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*