技術について

しっかりとスキーをズラせていますか?

こんにちは。
小保内祐一です。
タイトル通り、板をしっかりとズラすことできますでしょうか?
さらには、そのズラシの量を思い通りにコントロールできていますでしょうか?
ただ単に、エッジに寄り掛かったターンでもなければ、ターン前半でのズラシでもなく、ターン後半でのズラシです。
ターン後半でのズラシ
これがスピードコントロールの基本となります。
これなくして、難度の高い斜面を滑ることは無理です。
基本中の基本ですので、もう一度見直してみましょうね^^

最強のスキーヤーとは

こんにちは。
小保内祐一です。
どんな斜面でもどんな状況でも、自分の思う通りのスピードでターンを描き、止まりたいと思った時にいつでも安全に止まれる。
みなさん、状況を選ばずこの事ができるでしょうか?
これは整地だけ滑っていては身に付きません。
コブのように、自分の本質的な技術が丸裸になる状況で練習しないと身についてこないものです。
整地で恰好をつけて滑っているよりも、グジャグジャにバランスを崩しながらでも不整地でショートターンの練習をした方が、強くなります。
状況判断、リカバリー能力が愕然と変わってきます。
もちろん整地も大事です。ですがコブも必要です。
逆に、コブばっかり滑って整地で練習しない方。これも微妙です。
好き嫌いはあると思いますが、今シーズンは状況を選ばず滑りたいですね^^

コブの何処を見るかも重要です。

こんにちは。
小保内祐一です。
昨日、ゆっくり滑るならまずは1コブ先を見よう。
と書きましたが、
果たして1コブ先の何処を見ればいいのでしょうか?
そもそも斜面によってコブの形ってバラバラですよね。
急斜面に行けば大きく横を向いたコブがあったり、緩斜面には縦の溝のようなコブもあります。
まず、コブを見たとき一番目につくところは何処でしょうか?
それは、一番溝の深い部分ではないでしょうか。
溝が深いと、「あ~溝が深いな~」ってぼんやり思いますよね。
この時点で、皆さんの意識は深い溝の部分に集中しちゃってます。
おそらく視線もその深い部分を捉えているでしょう。
すると、どうなるか?
嫌だな~と思っている深い部分に吸い込まれていってしまいます(笑)
いや、笑いごとではないです。
しかし、やはり深い部分や、際立った場所が目立ちますので、
意図的にそこから意識と視線を外していかなくてはいけません。
行きたくないところを見ない。
行きたいところに視線を送り意識を集中させてみてください。

コブの見た目に騙されていませんか?

こんにちは。
小保内祐一です。
コブ斜面の上に立った時を想像してみてください。
$はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方
上から見ると、コブの表面(おもて)しか見えていないのがわかるでしょうか?
多くの方がこの見え方に騙されて失敗してしまいます。
多くの方が、無意識のうちにその見えている部分で何かをしてしまいます。
例えばスピードコントロール、減速です。
具体的に言うと、表面では瞬間的に力を入れてはいけません。
この見えている表面でブレーキをかけようとしてはいけません。
ここでは、すでに次のコブへ向かう意識が必要です。
スピードをコントロールするのはもっと前の段階で、実際にコブの表面に到着した時には次のコブに意識がないとタイミングが遅いということになります。
そこで、タイミングが遅れないために「下を見るな、前を見ろ」とよく言いますよね。
何故前を見る必要があるかというと、次のコブ(ターン)に進入するタイミングが遅れないためです。
では、どのくらい前を見ればいいかというと、
ゆっくり滑る場合はぼんやりと前を見ていてはいけません。
まずは一コブ先を見るようにしましょう。
自分が右側のコブにいる時は、次の左コブを見ている。
左側のコブに到着した時は、次の右コブを見ている。
ぜひ気を付けてみてくださいね。

ゆっくりなのにエッジが立ちすぎていませんか?

こんにちは。
小保内祐一です。
雪を見てたらイメトレが始まってしまって止まりません。。
さて、コブ斜面をゆっくり滑る中で、エッジングでスピードを抑えようとする。
これ、非常に多い失敗パターンとなっております!
どういう時にエッジがより立つかイメージしてほしいのですが、
エッジはスピードが出れば出るほど立ちます。
つまり、ゆっくり滑るときはあんまり立ちません。
立たせる必要がありません。
エッジが立つということは、自分のスキー板と、重心(おへそのあたり)が離れるから立ちますね。
仮に、平らな場所で静止した状態でスキー板と重心を離してみます。
転びます。
しっかりと板の真上に重心をおいていないといけませんね。
ゆっくり滑りたい時に大事なのは、エッジではなく板の裏全体ということになります。
「ゆっくり滑りたい」

「エッジを立てる」
この2つが矛盾してしまうんですね。
普段整地で滑っているスピード感覚でコブに入ると、大体スピード出過ぎ、エッジ立て過ぎです。
そこで、普段滑っている時から気を付けてほしいことがあります。
それは、
急激に止まらないことです。
ハイスピードのターンから、急激にエッジングして止まる。
子供達の前でピシャ!と止まって、恰好をつけたいお父さんも、これは禁物です^^
コブで減速しようと思った時に、こういう癖が出てしまいます。
ゆっくりと時間をかけて止まるように普段から意識してみてくださいね^^
こんな小さなことからコブの上達につながっていきます。
普段のレッスンでも、いきなりコブで練習するわけではありません。
まずは整地。これが肝心ですね。

初すべりで気を付けたいこと

こんにちは。
小保内 祐一です。
そろそろ初滑りをすませた方も、いるのではないでしょうか?
久しぶりに雪上を滑る感覚、何とも言えない喜びですよね~。
私も20年以上スキーをしていますが、初すべりの時のワクワクドキドキは未だに変わりませんね。
とても気持ちが高ぶります。
そんな初すべりの時に気を付けてほしいことがあります。
それは、
スピードを出さないことです。
どうしても、楽しすぎて昨年のトップシーズンでしていたような滑りをいきなりやってしまいがちですが、体はついてこれません。
怪我につながりますので、これから初すべりをされる方は、まだまだシーズン長いんだと自分に言い聞かせて、十分気を付けて滑ってくださいね。
自分がゆっくりだなと感じる速度からさらにゆっくりを意識して滑ってみてください。
$はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方-奥利根コブレッスン
週末レッスンの定員はかなり埋まってきました!今年もたくさんの方と一緒に滑れるのが楽しみです^^

コブのレッスンと言ってもいきなりコブで練習するわけではありません。

こんにちは。
小保内祐一です。
今年の冬は、どこのスキー場で出張レッスンを開催しようか、考え中です。
例年よりも、出張範囲を拡大しようと考えてます。
より多くの方にコブの楽しみを知って欲しいですからね^^
そのコブレッスンで、参加前に良く聞かれるのですが、
「今までコブを滑ったことがないのですが大丈夫ですか?」
答えはもちろんOKですし、そういった方のためのレッスンなのですが、それでも心配ですよね。
ちなみに、コブ斜面のレッスンだからと言って、
いきなりコブで練習するわけではありません。
レッスンでは必ず、
整地の練習から入ります。
$はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方
だって、初めてコブに入る方が、コブを全く滑ったことの無い方が、
いきなりコブに入ったら、怖いですよね^^
まずはコブを意識した整地での練習が大切です。