技術について

スピードを出した方が楽

小保内です。
昨日、
整地とコブのイメージスピードを合致させることが重要だとお知らせしました。
ほとんどの方が普段整地で滑っているスピードがコブで滑りたいスピードより早くなってしまっている場合が多いので、整地ではかなりゆっくりをイメージしなくてはいけません。
では、何でスピードが出てしまうかというと、
スピードを出した方がターンの切り返しが
”楽だから”
です。
ターンの切り返しで一番難しいのは、スピードが無い状態つまり停止した状態からの切り返しです。
この、停止した状態からの切り返しというのをレッスンの初めにたくさん取り入れてます。
$はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方
これ、意外にできない人が多いんですよね^^
斜面に対して、板が横を向いて止まっている状態から、板を下に向けて、反対の横に向ける。
ターンと言う感じはしませんが、まったくスピードが無いので、非常に難しいです。
普段どれだけスピードに頼ってターンを切り返しているのかがわかると思います。
雪面に対して、スキーのエッジが立たないようにべったりと板の裏全体にのり、足元で自らスキーを操作する事がポイントですね。

小回りが完璧でなきゃいけませんか?

小保内です。
$はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方
先日、レッスン未経験の方からこんな質問を頂きました。
「コブはほとんど滑った事がないのですが、整地で小回りが完璧でなきゃ参加できませんか?」
答えは、NOです。
基本的に、僕のレッスンの中では、整地で小回りの連続というのはあまり行いません。
整地の小回りってかなりごまかしがきいちゃうからです。
例えば悪い例としたら
1、ターンするごとにスピードがのってくる。
2、ターンするごとにターンの間隔が伸びてくる
といった事があります。
でも整地だからスピードが上がっても、ターンの間隔が伸びても、滑れちゃいますよね。
コブのために、整地で小回りの練習をする事自体は悪い事ではないですが、ほとんどの方が練習しているスピードが速すぎるのです。
よーくイメージしてみてください。
普段整地で滑っているスピードと、コブ斜面で自分がコントロールしたいスピード。
この2つのイメージスピードが離れてしまっていると、いくら整地でリズミカルに小回りができたとしても、コブで暴走してしまう原因になっています。
整地での練習で重要な事は、このイメージスピードを合致させて練習することです。

ストレートジャンプをひたすら繰り返していました。

こんにちは
小保内です。
先日記事にした丹野幹也君によるジャンプレッスン
僕も現地にいたので、レッスン中、隣にいて聞き耳を立ててました^^
1日単位のレッスンだったのですが、ひたすらストレートジャンプ(何の技もしない真っ直ぐ飛ぶジャンプ)を繰り返しトレーニングしていました。
ジャンプでは、このストレートジャンプが基本になるのですが、基本を固めるトレーニングをずっとやっていたのです。
参加者には横回転や縦回転を希望していた方もいましたが、そんなのお構いなしでストレートジャンプの繰り返し。
事実、参加されている方の中でしっかりとストレートジャンプができている人はいませんでした。
当然の事ながら、ストレートジャンプが完璧でなければ、他の技(技術)は身につきません。
それを知っているからこその、基本の繰り返し、基礎の掘り下げになります。
やはり、自ら上達を体現している人ほど、基本を大切にし忠実ですね。
ジャンプだけでなく、滑りでもまったく一緒ですね。
基本を中途半端にしてしまっていないでしょうか?
基礎固めを怠ってはいないでしょうか?
・知識ばかり得ようとして、単なる知識コレクターになってしまい、実際にその知識を使えない方
・危ういの基礎しかないのに、無謀な技術を積み上げようとしている方

絶対に上達しませんので、要注意です。
一番の基礎となるのは「体」です。不健康な状態でいくらトレーニングしても、技術を得ようとしても無駄です。そして体の基礎はオフシーズンの間に固めなくてはいけません。

上げようとする前に、下げなくてはいけません。

こんにちは
小保内です。
スキーの上達ってことを考えたとき、多くの方がどんどん技術を足すものだと考えますが、
その前に見直すべきは基礎です。
高い建物を支えるには、それ相応の基礎の”深さ”が必要になのと同じで、スキーの上達でも、もっと技術を高めたいのであれば、新たなテクニック足す前に、基本をより深く、より強く固めることです。
この事、忘れがちじゃないですか^^;
強靭な基礎が無ければ、レベルアップはできないのです。
足したつもりの新技術が基礎がしっかりしていないばかりに、フラフラなんて事も^^;
基礎はより深く固めるほどより高い位置へ到達することが可能になります。
シーズン終盤ですが、もう一度、基礎、基本を見直してみてはいかがでしょうか。
深く掘り下げるほど、後々の技術アップに繋がってきますよ^^

スピードを抑えたくても、すぐにターンを仕上げない!?

こんにちは
小保内です。
春ですね^^
どこのスキー場も雪グサグサだと思います。
以前もお伝えしましたが、この時期特有の縦溝のコブラインについて、たくさん質問を頂いています。
お客様のお話を聞いていると、急斜面のコブの方が板を横にしやすいのでスピードを抑えやすい。
逆に緩斜面の縦溝のコブラインは、板を横にできなくて、スピードがどんどん出てしまいます。
といった声が非常に多いです。
・緩斜面のコブの方がスピードを抑えにくい。
・緩斜面なのにスピードが出てしまう。

普通であれば、急斜面の方がスピードがでやすいですよね。
矛盾しているように思いますが、この悩みを抱えている方が多いんですね。
縦溝(緩斜面)のコブでスピードを抑えられない理由のひとつに、急いでターンを仕上げようとしすぎというのがあります。
スピードを抑えようとする時、板を横にするのを焦ってしまうんですね。
つまり、コブに当たる前に板を横にしようとしすぎちゃうんですね。
すると、溝に入ってしまいます。
しかし、溝は縦溝なので、板を横にできませんね。
すると、”スピードを抑えようと思っているのに”どんどん加速します。
以前もお伝えしましたが、そこで大事なのが、溝の外側(雪がモサモサ溜まっているところ)を使うことが重要になります。
加えてもうひとつ重要なポイントです。
外のモサモサに向かうのですが、そこでも板を横にすることを焦ってはいけません。
イメージとしては、
スキーのトップがモサモサに触れるまでは板を横にしません。
スキーのトップがモサモサに当たってからターンを仕上げようとしてみてください。

コブの出口、最後の最後でターンを仕上げるんです。
ピンポイントで板を横にできる場所が存在しています。
これは、繰り返しになりますが、焦って板を横にしてしまうと、絶対にできません。
縦溝のコブでは、スピードを抑えたいときでも、ターンの仕上げを待つ。
う~ん、最初はかなり難しいと思います。
先日プライベートでレッスンを受けてくれた有資格者の方でも結構苦戦しました。
これができれば、春雪縦溝でもゆっくりコントロール可能です^^
文章だけだと伝わりにくですね^^;
今度滑りに行った時に、まずはイメージしてみて、感想を頂ければと思います。
難しことではありますが、これができると滑りがかなり変わります。
そして、この技術を磨くのは春雪、縦溝のコブが最適です!

すぐに板を横にしてズルズルドンというコントロールしかできない方は、縦溝に苦戦していることと思います。
この時期に、しっかり弧を描いてコントロールする技術も身に付けましょう!

春雪・縦溝のコブでもスピードは落とせます。

こんにちは
小保内です。
ここ最近、メルマガを書くたびにたくさんのメッセージを頂くのですが、
その中で最も多い質問を紹介しますね。
「春雪の溝が縦のコブでスピードを落とせません。」
これです。
きっと多くの方がこの悩みを抱えているのではないかと思います。
スピードを落とすためには、板を横にしなきゃいけないですよね。
止まる時はまさにそうだと思います。
しかし、春雪の特に緩斜面は、みんなスピードを出して滑るので、コブの溝がどんどん縦になっていきます。
下の動画は、先日のレッスンでの1コマですが、超緩斜面の縦溝のコブです。
斜面下に向かって、溝はより縦向きになっていく状況です。
このレッスンでは、滑り始めはどんどん加速させましょう。
そして、より縦になる後半でスピードを落としてコントロール、静かにゴールしましょう。
溝がより縦になる後半で、よりスピードを落とす。
なかなか難しいですよね^^;
でもできるんです!
溝の中は縦向きなので、板を横にすることはできません。
溝よりも外側で板を横にしてみましょう。

■3/31まで毎日開催中!岩手高原コブ専門スクール
【開催期間】
2013シーズン中毎日(3/31まで)
※予約不要で先着順となります。
【レッスン時間】
午前10:00~12:00 午後13:30~15:30
※受付はレッスン開始10分前まで
【受付場所】
岩手高原スノーパーク・センタープラザ2階
>>岩手高原までのアクセスマップ
【参加費】
半日4,000円 1日7,000円
【レッスン内容について】
コブレッスンの詳細はこちら
【お問合せ】
メールフォームより