技術について

ストレートジャンプをひたすら繰り返していました。

こんにちは
小保内です。
先日記事にした丹野幹也君によるジャンプレッスン
僕も現地にいたので、レッスン中、隣にいて聞き耳を立ててました^^
1日単位のレッスンだったのですが、ひたすらストレートジャンプ(何の技もしない真っ直ぐ飛ぶジャンプ)を繰り返しトレーニングしていました。
ジャンプでは、このストレートジャンプが基本になるのですが、基本を固めるトレーニングをずっとやっていたのです。
参加者には横回転や縦回転を希望していた方もいましたが、そんなのお構いなしでストレートジャンプの繰り返し。
事実、参加されている方の中でしっかりとストレートジャンプができている人はいませんでした。
当然の事ながら、ストレートジャンプが完璧でなければ、他の技(技術)は身につきません。
それを知っているからこその、基本の繰り返し、基礎の掘り下げになります。
やはり、自ら上達を体現している人ほど、基本を大切にし忠実ですね。
ジャンプだけでなく、滑りでもまったく一緒ですね。
基本を中途半端にしてしまっていないでしょうか?
基礎固めを怠ってはいないでしょうか?
・知識ばかり得ようとして、単なる知識コレクターになってしまい、実際にその知識を使えない方
・危ういの基礎しかないのに、無謀な技術を積み上げようとしている方

絶対に上達しませんので、要注意です。
一番の基礎となるのは「体」です。不健康な状態でいくらトレーニングしても、技術を得ようとしても無駄です。そして体の基礎はオフシーズンの間に固めなくてはいけません。

上げようとする前に、下げなくてはいけません。

こんにちは
小保内です。
スキーの上達ってことを考えたとき、多くの方がどんどん技術を足すものだと考えますが、
その前に見直すべきは基礎です。
高い建物を支えるには、それ相応の基礎の”深さ”が必要になのと同じで、スキーの上達でも、もっと技術を高めたいのであれば、新たなテクニック足す前に、基本をより深く、より強く固めることです。
この事、忘れがちじゃないですか^^;
強靭な基礎が無ければ、レベルアップはできないのです。
足したつもりの新技術が基礎がしっかりしていないばかりに、フラフラなんて事も^^;
基礎はより深く固めるほどより高い位置へ到達することが可能になります。
シーズン終盤ですが、もう一度、基礎、基本を見直してみてはいかがでしょうか。
深く掘り下げるほど、後々の技術アップに繋がってきますよ^^

スピードを抑えたくても、すぐにターンを仕上げない!?

こんにちは
小保内です。
春ですね^^
どこのスキー場も雪グサグサだと思います。
以前もお伝えしましたが、この時期特有の縦溝のコブラインについて、たくさん質問を頂いています。
お客様のお話を聞いていると、急斜面のコブの方が板を横にしやすいのでスピードを抑えやすい。
逆に緩斜面の縦溝のコブラインは、板を横にできなくて、スピードがどんどん出てしまいます。
といった声が非常に多いです。
・緩斜面のコブの方がスピードを抑えにくい。
・緩斜面なのにスピードが出てしまう。

普通であれば、急斜面の方がスピードがでやすいですよね。
矛盾しているように思いますが、この悩みを抱えている方が多いんですね。
縦溝(緩斜面)のコブでスピードを抑えられない理由のひとつに、急いでターンを仕上げようとしすぎというのがあります。
スピードを抑えようとする時、板を横にするのを焦ってしまうんですね。
つまり、コブに当たる前に板を横にしようとしすぎちゃうんですね。
すると、溝に入ってしまいます。
しかし、溝は縦溝なので、板を横にできませんね。
すると、”スピードを抑えようと思っているのに”どんどん加速します。
以前もお伝えしましたが、そこで大事なのが、溝の外側(雪がモサモサ溜まっているところ)を使うことが重要になります。
加えてもうひとつ重要なポイントです。
外のモサモサに向かうのですが、そこでも板を横にすることを焦ってはいけません。
イメージとしては、
スキーのトップがモサモサに触れるまでは板を横にしません。
スキーのトップがモサモサに当たってからターンを仕上げようとしてみてください。

コブの出口、最後の最後でターンを仕上げるんです。
ピンポイントで板を横にできる場所が存在しています。
これは、繰り返しになりますが、焦って板を横にしてしまうと、絶対にできません。
縦溝のコブでは、スピードを抑えたいときでも、ターンの仕上げを待つ。
う~ん、最初はかなり難しいと思います。
先日プライベートでレッスンを受けてくれた有資格者の方でも結構苦戦しました。
これができれば、春雪縦溝でもゆっくりコントロール可能です^^
文章だけだと伝わりにくですね^^;
今度滑りに行った時に、まずはイメージしてみて、感想を頂ければと思います。
難しことではありますが、これができると滑りがかなり変わります。
そして、この技術を磨くのは春雪、縦溝のコブが最適です!

すぐに板を横にしてズルズルドンというコントロールしかできない方は、縦溝に苦戦していることと思います。
この時期に、しっかり弧を描いてコントロールする技術も身に付けましょう!

春雪・縦溝のコブでもスピードは落とせます。

こんにちは
小保内です。
ここ最近、メルマガを書くたびにたくさんのメッセージを頂くのですが、
その中で最も多い質問を紹介しますね。
「春雪の溝が縦のコブでスピードを落とせません。」
これです。
きっと多くの方がこの悩みを抱えているのではないかと思います。
スピードを落とすためには、板を横にしなきゃいけないですよね。
止まる時はまさにそうだと思います。
しかし、春雪の特に緩斜面は、みんなスピードを出して滑るので、コブの溝がどんどん縦になっていきます。
下の動画は、先日のレッスンでの1コマですが、超緩斜面の縦溝のコブです。
斜面下に向かって、溝はより縦向きになっていく状況です。
このレッスンでは、滑り始めはどんどん加速させましょう。
そして、より縦になる後半でスピードを落としてコントロール、静かにゴールしましょう。
溝がより縦になる後半で、よりスピードを落とす。
なかなか難しいですよね^^;
でもできるんです!
溝の中は縦向きなので、板を横にすることはできません。
溝よりも外側で板を横にしてみましょう。

■3/31まで毎日開催中!岩手高原コブ専門スクール
【開催期間】
2013シーズン中毎日(3/31まで)
※予約不要で先着順となります。
【レッスン時間】
午前10:00~12:00 午後13:30~15:30
※受付はレッスン開始10分前まで
【受付場所】
岩手高原スノーパーク・センタープラザ2階
>>岩手高原までのアクセスマップ
【参加費】
半日4,000円 1日7,000円
【レッスン内容について】
コブレッスンの詳細はこちら
【お問合せ】
メールフォームより

深雪だと足がとられそうです。

小保内です。
2/16(土)、奥利根コブキャンプ初日は大雪でした。
多くの方は同じラインを通るので、溝が深くなり、溝から掃けた雪が溝の外側にどんどん溜まっていくという状況でした。
こういう状況になると、溝が余計に強調されて、溝に入りたくなくても入りやすくなってしまいます。
しかし、ゆっくり滑るために溝を回避するのも大事なテクニックです。
溝の外側には雪が溜まっているため、
・足がとられそう
・ターンしずらそう

といった気持ちになりやすいのですが、やるべきことは変わりません。
・谷足荷重
・外足荷重
・上体や両肩のラインがターンの内側、山側に倒れない

やるべきことがしっかりできていれば、雪が深かったり、モコモコした雪が溜まっていても関係ありません。
▼下の動画は、キャンプ前日のものですが、この日もどんどん雪が降り積もり、コブの上にどんどん雪が溜まっていく状況でした。

深雪が苦手な方、決して雪のせいではありません^^;
特別なテクニックも必要ありません。
基本通り滑ればいいだけなのです。
深雪を蹴散らすくらいの気持ちでで谷足荷重を重視してみましょう。

徹底的にゆっくりトレーニングしなくてはいけません。

こんにちは
小保内です。
今週末奥利根スノーパークで開催する、F-style木下校長とのコラボキャンプ。
たくさんの方にお申込み頂きありがとうございます。
満員となり、只今キャンセル待ち状態です。
間に合わなかった方、ゴメンナサイ。。
2日間で50名の参加者という、おそらくコブ専門のレッスンでは、日本トップクラスの参加人数かと思われます。
この期待に応えるべく、全身全霊で臨みたいと思っております。
ここ数日、木下校長に、私小保内祐一、そして弟の小保内雅行の3名で週末に向けて打ち合わせを繰り返しています。
やはり一番のテーマはスピードコントロールです。
1、1コブで止まれるか
2、ゆっくりを維持して滑れるか
3、ゆっくりから少しだけリズムを上げれるか
4、リズム良くから、ゆっくりに戻して静かに止まれるか
初級クラスでは、1、2までを、中上級クラスでは、3、4を習得して頂きます。
すでに自分は結構滑れるという方は、4番を確認してみてください。
リズム良くコブを滑れるようになったら、それ以上に大事なのが、ゆっくり戻して止まれるかどうかです。

ゆっくり戻すためには、1と2を完璧にマスターしている必要があります。
3は、案外できた気になるのですが、4番ができなくては危険です。
4番ができないとい方は、1、2番の精度が低い状態と言えますね。
でないと、コントロールされたリズム良さではなくただの暴走ですね^^;
ですから、3と4は近いようで、とてつもなく大きな差です。

スピードを出して滑れる方でも、はじめの1本であったり、1日で数本でもいいので、1と2を確認するようにしましょう。
これに関しては練習のしすぎはありませんので^^