技術について

コブで重要になるストックワークについて

こんにちは
小保内(兄)です。
ショートターンの時のストックワークについて(もちろんコブでも同じことが言えます)
こちらのブログに、ストックを準備するタイミングについて書かれていますのでぜひチェックしてみましょう。
コブに対してターンの切り替えが間に合わないといった方はストックの準備も気にしてみましょう^^

ちなみに、このブログを書いているスクール、めちゃくちゃ人気です。
東北の方は要チェックですね~

シーズン初めにみっちり練習したい2つのこと

こんにちは
小保内です。
初滑りから早速動画を送ってくれている皆さん、ありがとうございます^^
多くの方に、コブに行ったら失敗の原因になりそうな共通点がありましたので、今一度以下の2つを気を付けて滑ってもらえたらなと思います。
1)背中の傾きについて
低速で練習しているとおろそかになりやすいですが、コブを安定して滑るために必要なのはもちろん、失敗した時にリカバリーできるかどうかにも関わってきます。
背中の傾きについてはこちらをご覧ください。
2)内倒を防ぐために
上記の背中の傾き不足による失敗と、もうひとつコブの中で非常に多い失敗例「内倒(ないとう)」です。特に近年では内倒癖がついてしまった方もいるくらい、重要な問題です。
内倒を防ぐには?こちらもご確認ください。

はじめてでもできる!コブ初心者のためのコブ攻略レッスン

小保内です。

僕たちはコブ斜面の滑り方を専門にするインストラクターですが、実際に雪上でレッスンさせて頂く場合、いきなりコブ斜面で練習するわけではありません。 

まずは整地で練習をおこなっていきます。

何故かというと、

整地でできないことはコブでもできないからです。

初めてコブ斜面に挑戦する場合、まずはゆっくりと滑ることが大事で、おそらくほとんどの方がゆっくり滑りたいと思っているはずです。

1コブずつ止まるくらいのスピード、または実際に止まりながらじっくりとお客様の技術レベルを確認し、細かなステップを踏んでいきます。


まずはこの動画くらいの低速を維持して滑れることを第一の目標にしています。
低速をマスターしないうちにやみくもに滑っていると怪我をする恐れがあるのがコブ斜面です。

ゲレンデでお友達同士で教えあっているのを聞いていると、よくこんな言葉が聞こえてきます。

「怖がってたら滑れないよ!」
「もっと上体を前に!」
「思い切っていっちゃったほうがいい!」

こんな言葉を耳にする度に危ないな~と思ってしまいます。

最初は怖くて当たり前。
上体を前にってできないし。そもそも上体ってどこのこと?
思い切っていけてたら苦労しません。

コブは決して気合いと根性で滑るものではありません。
しっかりとやるべき技術を確認し、技術に集中して滑らないと決して滑れるようにはなりません。

単なる気合いではなく、技術に集中するという気持ち、マインドも大変重要になります。

レッスンに参加される方の多くは、はじめてコブに挑戦したい!といった方です。
その初チャレンジを安全にサポートさせて頂くのが当スクールで行っているレッスンです。

新たな一歩踏み出してみましょう!

◆全国各地・小保内祐一の出張コブレッスン
 └ 週末出張レッスンスケジュール
 └ マンツーレッスンの内容と料金
 └ 小保内祐一のマンツーレッスンの予約状況

◆長野県・白樺湖ロイヤルヒルコブ専門スクール(担当:高橋正二)
 └ 営業案内
 └ グループレッスンの料金と予約状況
 └ マンツーレッスンの内容と料金
 └ 高橋正二のマンツーレッスンの予約状況

◆岩手県・岩手高原コブ専門スクール(担当:小保内雅行 他)
 └ 営業案内
 └ グループレッスンの料金と予約状況
 └ マンツーレッスンの内容と料金
 └ 小保内雅行のマンツーレッスンの予約状況

◆オンラインレッスンで自主練
 └ メルマガ:6日間無料で学ぶコブ上達の秘訣
 └ はじめてのコブレッスン・オンライン版

コブ斜面を滑る際に気を付けたい「背中の傾き」について

こんにちは、小保内です。

30度のコブ斜面をイメージします。

コブの上って、部分的に斜度が0度になったりしますよね。

多くの方は、斜面が0度になる場所(コブに当たる時)に背中の傾きが失われて失敗します。

斜度変化が激しいのがコブ斜面ですが、滑っている斜面全体が30度ならば、コブの中でもずっとそれに合わせた傾きを維持します。

たとえコブの上で斜度が0度になっても、30度に合わせた背中の傾きでコブに当たります。

1)コブに当たる前 スキー板(斜面)に対して背中の角度が垂直なのがわかりますよね。
$はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方
2)そこから実際にコブに当たります。(斜度0度部分)
$はじめてでもできる!コブ斜面の滑り方

この時も背中の傾きは、スキー板の角度(0度)に対して垂直ではなく、コブに当たる前の傾きを維持してますよね。
むしろ、傾きがきつくなってるくらいです。

これ、かなり大事です。

多くの方が、2)の時に背中の傾きが失われて失敗します。

上の画像は以下の動画から切り取ったものです。

スキー板の角度と背中の角度に注目しながら確認してみてください。

特に、横からの場面を一時停止しながら見てみてください。

この背中の傾きをどういう練習で、どういうステップで身に付けていったら良いのか?

この動画のモデル木下さんとは、群馬県の奥利根スノーパークでコラボレッスンしますので、そこでみっちり練習していきます!

上手くいかない部分を修正するには、その前を疑う。

こんにちは
小保内です。
コブを滑っていて、小さなハの字ができてしまう方、多いかと思います。
↓こんな感じの

この写真はターンの終了、コブに当たった時のものですが、この谷スキーのエッジが残ったままで次のターンに入っていくと、めちゃくちゃたくさん質問を頂く
「内足が邪魔になって足が揃わないんですよ~・・」
という事になります。
つまり、ターンの始動で上手くスキーが揃わないのは、その前の終わり方が正しくないからという事が言えます。
上手くいかない部分を修正するためには、その前の姿勢が上手くできているのか?
一つ前から確認していくといいですね^^

この辺の事は、無料のこちらでもお伝えしてますよ^^

ズルズルドンからの脱却

小保内です。
よくコブ初心者の方が最初にコブに入るときに教わるのが
『ズルズルドン』
かと思います。
スキーをクルッと回して、ズルズルと溝に向かって落ちていき
という動きですね。
何となくイメージつきますか?(笑)
この動き、私はほとんどやりません。
まったくやらないと言ってもいいかもしれません。

「他のスクールに入ると、最初はズルズルドンがスタートしますけど・・」
というお声をたくさん頂きますが、何故やらないのかには明確な理由があります。
それは、
「その滑り、普段の整地でやらないでしょ?」
という事ともう一つ
ズルズルドンを身に付けたのはいいけども、それから脱却できずにいる方をたくさん見ているからです。
コブを上達するために重要なのは、整地とコブで意識と動きを合致させる事ですが、
このズルズルドンは、普段の整地の滑りと、まったくリンクしていないと思いませんか?
(オプション、リカバリーとして覚えることはOKです。)
では、ズルズルドンではなく、あくまでも低速で、どんな練習でコブ斜面に入って行けばいいのか?
それをまとめているのがこちらです。

春雪の縦溝が苦手な方へ

小保内です。

春って、雪が柔らかいのでどんどん溝が掘れて深くなりますよね。
これを苦手にする方が多いです。

深いのは溝ですが、そもそもコブには

「溝を滑らなきゃいけない」

そんなルールなんて無いのにも関わらず、多くの方がこの溝の深さに惑わされて恐怖心を抱いています。

そんな方はまずはこちらをご確認ください。