技術について

良いひねりと悪いひねりの作り方

こんにちは、小保内です。

昨日は直滑降姿勢を確認してみました。

今日は、直滑降からスキーを横に向けた時にできる「ひねり」について気を付けたい事です。

▼まずは悪い例をご覧ください。

上体を引いて、つまり上体でひねりを作ろうとしているのがわかるでしょうか。

ここで気を付けたいのは、そもそも上体は直滑降姿勢のままでいたい。
という事です。

なので、上体がスキーと同じ方向に回ることも無ければ、引く動きも無いはずです。

引いてしまうと、背中が起きて、次のターンに上手く入れなくなったりするので気を付けたいですね^^

ポイント:ひねりは、上体を引くことによって作るのではなく、スキーを動かした事によって作られる。

この点に気を付けて前回の動画をもう一度見てみましょう。

引く動作が出るという事は、その前に一旦回ってるのでは?とも考えられます。

では、体が回ってしまった時はどうするのか?

それは、回ってしまったら、それ以上回らないようにそこで止めるしかない

そしてそのまま次のターンで修正する。という事ですね。

上体を常に正面!
これは間違ってはいないのですが、これを意識した時に、上体を引いちゃう人が多いので注意しておきましょう^^

「コブに入るとスキーが揃わない方」が確認したいポイント

こんにちは、小保内(兄)です。

コブに入ると、

・スキーを揃えて滑る事ができない。
・小さなハの字が出てしまう。

そんな悩みをお持ちの方、多いかと思います。

そんな方に大切にしてほしいのが、「スキーを揃えて曲がる」その前に、スキーを揃えて真っ直ぐ滑れてるか?という事です。

ここで大切なポイントは、

・肩幅くらいのスタンスで行う
スキーの幅と同じだけ膝の幅をとる
(雪面に対してスキーがべったりと。膝の位置がスキーの真上。)
・エッジがいきなり立ちすぎないように、ズレながらスキーを横に向ける。

膝がスキーの幅よりもくっついていると、微妙にエッジが立ち、スキーを上手く動かせなかったり、動かしていくと小さなハの字ができたりします。

また、完全にスキーがくっついてるとスキーの幅と膝の幅の差がわかりにくいので、スタンス広めで確認するのがいいです。

コブって間隔が狭く、焦りますよね。

例えば低速で滑ろうと思う場合、スキーを横向きから横向きへ「早く回さなきゃ~!」という意識になりやすいですが、短い時間でいいので、スキーが横向き、そして次の横向きを作る前に、下を向く直滑降姿勢を入れるよう意識してみましょう。

あくまでも短い時間でいいので、しっかりとスキーが雪面に対しべったり(エッジが立っていない状態)を作ってから次のスキー操作を行うように心がけてみましょう。

細かいターンばかり繰り返していると、忘れやすいポイントですので、時々注意してみましょうね^^

この事は、こちらでもみっちり解説していますよ。

スキーに圧をかける。その前にちょっと待ってください!

こんにちは、小保内です。
「外スキーにしっかり圧をかけて!」
「もっと踏んで!」
ちょっと待ってください。
その前に、ちゃんとスキーを動かせてますか?
スキーを横に向けれなければ、いくら圧をかけても停止する事はできません。
スキーを素早く回したり、ゆっくり回したり、丸く回したり、カクカクに動かしたり
コブって、4M間隔で滑っていたのに、いきなり細かくなって、2Mでターンを仕上げなきゃいけなかったり、コブの内側を滑っていたのに、外側を使ってこなさなきゃいけないコブがでてきたりと、
不規則
ですよね。
だから、自分の思い通りにスキーを「動かせる」って事がとても大切ですね。
スキーを動かす事と、スキーに圧をかけること、両方ミックスさせながら様々なターンを作っていきたいですね^^
決して圧だけではないです。
どちらかだけに意識が偏ってないか気を付けたいですね。
ちゃんとスキーを動かせてるかどうか?は、以下のこの動画を真似て、チェックしてみましょう!

コブでも楽そうに滑っている人は、スキーを動かす事と圧をかけるバランスがとても良いですね^^
こちらでは、スキーを動かす練習もたくさん取り入れてますよ^^

シュテムターンからパラレルターンのレッスン中動画

こんばんは
小保内(弟)です。
先日、レッスン中の動画を撮影してもらいました。
シュテムターンからパラレルターンに徐々に変えていく滑りです。
また、コブの上で体が後ろに倒れすぎないように注意しましょうという場面です。
1ターン目は悪いポジションを行っています。

どうしても、コブの上に来ると体が後ろになる方が多いです。
体の傾きは、コブの上でも一緒です。
皆さんも、その点を注意して滑ってみましょうね^^
パラレルターンが上手くいかない方は、シュテムターンを徹底して練習してみましょう!
それでは、また^^

コブで重要になるストックワークについて

こんにちは
小保内(兄)です。
ショートターンの時のストックワークについて(もちろんコブでも同じことが言えます)
こちらのブログに、ストックを準備するタイミングについて書かれていますのでぜひチェックしてみましょう。
コブに対してターンの切り替えが間に合わないといった方はストックの準備も気にしてみましょう^^

ちなみに、このブログを書いているスクール、めちゃくちゃ人気です。
東北の方は要チェックですね~

シーズン初めにみっちり練習したい2つのこと

こんにちは
小保内です。
初滑りから早速動画を送ってくれている皆さん、ありがとうございます^^
多くの方に、コブに行ったら失敗の原因になりそうな共通点がありましたので、今一度以下の2つを気を付けて滑ってもらえたらなと思います。
1)背中の傾きについて
低速で練習しているとおろそかになりやすいですが、コブを安定して滑るために必要なのはもちろん、失敗した時にリカバリーできるかどうかにも関わってきます。
背中の傾きについてはこちらをご覧ください。
2)内倒を防ぐために
上記の背中の傾き不足による失敗と、もうひとつコブの中で非常に多い失敗例「内倒(ないとう)」です。特に近年では内倒癖がついてしまった方もいるくらい、重要な問題です。
内倒を防ぐには?こちらもご確認ください。

はじめてでもできる!コブ初心者のためのコブ攻略レッスン

小保内です。

僕たちはコブ斜面の滑り方を専門にするインストラクターですが、実際に雪上でレッスンさせて頂く場合、いきなりコブ斜面で練習するわけではありません。 

まずは整地で練習をおこなっていきます。

何故かというと、

整地でできないことはコブでもできないからです。

初めてコブ斜面に挑戦する場合、まずはゆっくりと滑ることが大事で、おそらくほとんどの方がゆっくり滑りたいと思っているはずです。

1コブずつ止まるくらいのスピード、または実際に止まりながらじっくりとお客様の技術レベルを確認し、細かなステップを踏んでいきます。


まずはこの動画くらいの低速を維持して滑れることを第一の目標にしています。
低速をマスターしないうちにやみくもに滑っていると怪我をする恐れがあるのがコブ斜面です。

ゲレンデでお友達同士で教えあっているのを聞いていると、よくこんな言葉が聞こえてきます。

「怖がってたら滑れないよ!」
「もっと上体を前に!」
「思い切っていっちゃったほうがいい!」

こんな言葉を耳にする度に危ないな~と思ってしまいます。

最初は怖くて当たり前。
上体を前にってできないし。そもそも上体ってどこのこと?
思い切っていけてたら苦労しません。

コブは決して気合いと根性で滑るものではありません。
しっかりとやるべき技術を確認し、技術に集中して滑らないと決して滑れるようにはなりません。

単なる気合いではなく、技術に集中するという気持ち、マインドも大変重要になります。

レッスンに参加される方の多くは、はじめてコブに挑戦したい!といった方です。
その初チャレンジを安全にサポートさせて頂くのが当スクールで行っているレッスンです。

新たな一歩踏み出してみましょう!

◆全国各地・小保内祐一の出張コブレッスン
 └ 週末出張レッスンスケジュール
 └ マンツーレッスンの内容と料金
 └ 小保内祐一のマンツーレッスンの予約状況

◆長野県・白樺湖ロイヤルヒルコブ専門スクール(担当:高橋正二)
 └ 営業案内
 └ グループレッスンの料金と予約状況
 └ マンツーレッスンの内容と料金
 └ 高橋正二のマンツーレッスンの予約状況

◆岩手県・岩手高原コブ専門スクール(担当:小保内雅行 他)
 └ 営業案内
 └ グループレッスンの料金と予約状況
 └ マンツーレッスンの内容と料金
 └ 小保内雅行のマンツーレッスンの予約状況

◆オンラインレッスンで自主練
 └ メルマガ:6日間無料で学ぶコブ上達の秘訣
 └ はじめてのコブレッスン・オンライン版