コブレッスン参加者の声

怖くて怖くてしょうがなかったコブが今日は不思議となんとも感じませんでした!

●怖くて怖くてしょうがなかったコブが今日は不思議となんとも感じませんでした!

小保内です。

1月5日に岩手高原でのレッスンにご参加頂いたK様より感想を頂きました。

基本的にのみこみが悪いので、なかなか上達しない自分でしたが、今日のレッスンをきっかけに自分で練習する目標が明確になりました。
昔からまわりが1日でできるのを3日かかる自分ですので、ひとつひとつ今日のレッスン内容を振り返って自分なりに消化していきます。
次回2月1日のレッスンにできれば参加できるよう仕事(+奥さんを説得)を調整して、それまで少しでも上達しているよう練習を続けてまいります。
できないだらけだった今日のレッスンでしたが、一つ確実に乗り越えられた点があります。
私は高校生の時(1989年です)にコブでひどく転んだトラウマからコブが怖くて怖くてしょうがなかったのですが、今日は不思議になんとも感じませんでした。

コブで大転倒や、怪我を一度してしまうと、

「どうしても怖い」

こんな状態に陥りやすいですよね。

これ、一人で滑っていると一生解決しません。

どうするかというと、怖いという気持ちを忘れるくらい、技術に集中するんです。

・この滑り一本、自分が意識する事は何なのか?

練習するときは、滑り出す前にこの事を確認して一つの事に集中しましょう。

こちらでも、1本の滑りにつき、1つの意識しか持たせません。だから安全に練習できるんですよね^^

コブに対する恐怖心が無くなりました!

●コブに対する恐怖心が無くなりました!

小保内です。

1月5日に岩手高原でのレッスンにご参加頂いた柴田様より、レッスンの感想を頂きました。

本日は゛目から鱗゛でした。
スキースクールでのレッスンは初めての経験でしたが、事前に6回のメールでのアドバイス、その他に動画なども送って頂きイメージは出来ていたつもりでした。
しかしながら、滑るラインが全く頭に入っておりませんでした。
今日教えて頂いたスピードをコントロールしながらのライン取りで、コブに対する恐怖心が無くなりました。
感謝です。
大変有難うございました。
今後、練習をし中級にトライできるように頑張りたいと思います。

還暦を超えても、コブにチャレンジできる事を見事に証明してくれた柴田様です。

年齢関係なく、新しいものを吸収しようとする姿勢って本当に素晴らしいですよね。

僕も見習わなくてはと思いました^^
1)無料のメールレッスンを読む。

2)そのメールを参考に自分で試してみる。

3)週末レッスンで確認、実践、修正する。

上達するためには、この流れをお勧めしています。

まずはこちらの、6日間無料で学ぶメールレッスンを読むことが上達への第一歩です。

基本を整地で習う事が少なかったので、大変勉強になりました!

●基本を整地で習う事が少なかったので、大変勉強になりました!

小保内です。

12/28,29のコブレッスンにご参加頂いたA様より感想を頂きました。

12月28.29日の夏油コブレッスンに参加させていただきました。
整地でのレッスンでは、
・板のフラットを作る練習
・体の向き
・外足加重のポジション確認

を基本から教えていただきました。
なかなか、基本を整地で習うことが少なかったので、大変勉強になりました。
さらにコブの中では、
・低速で安定した滑り
・コブの中での減速
・スピードコントロール

を丁寧に教えていただきました。
何より、コブレッスンが楽しかったですので、今後もコブを続けて滑れそうな気がしました。
丁寧なレッスン誠にありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。

コブの練習は、必ず整地から始めます。

コブを滑りたいからといって、がむしゃらにコブに進入してもコブは滑れるようになりません。

怪我をするリスクが高まるだけです。

まずは整地でコブを意識した練習を行う事が最重要です。

落ち着いて意識ができる整地から練習していくことで、自分が意識するべきポイントを「身に付けることができます。」

こうして、段階を踏んで進んでいくことで、コブはじめての方でも安全にコブ斜面にチャレンジする事が可能になるんですね。

こちらでは、自主練習できるように練習方法もしっかりお伝えしています。

ゆっくり滑る基本動作の中にいろんなエッセンスが詰まっている事に改めて気付かされました!

●ゆっくり滑る基本動作の中にいろんなエッセンスが詰まっている事に改めて気付かされました。
こんにちは
小保内です。
2013/12/29にコブレッスンにご参加頂いたA様より感想を頂きました。

29日のレッスンありがとうございました。
初めてコブレッスンを受講しましたが、講習中の実技指導や説明がとても分かり易く大変勉強になりました。
分かっていたつもりでしたが、ゆっくり滑る基本動作の中にいろんなエッセンスが詰まっている事に改めて気付かされました。
しばらくは受講した基本動作の反復練習をしてから、再度受講させていただきたいと思います。

ゆっくり滑る動作の中に基本の全てが詰め込まれているといっても過言ではありません。
すでにスピードを出して滑れる方も、時々はゆっくり滑ることを確認してみてくださいね^^
スピードを出した時の安定感を上げるには、ゆっくりを極める事が大切です。
週末レッスンは基本的にはゆっくり滑る事がメインですが、
・暴走せずにスピードを上げたい。
・スピードを出しているのになぜかゆっくり見える安定感が欲しい。
・雪面に板が張り付いたかのようななめらかさが欲しい。
・周りから一目置かれる滑りを身に付けたい。
・どうしても1級に合格したい。

といった、一歩先行く技術を身に付けたい方や、特定の目的を持った方にはこちらをお勧めします。

ゆっくり滑る基本動作の中にいろんなエッセンスが詰まっている事に改めて…

●ゆっくり滑る基本動作の中にいろんなエッセンスが詰まっている事に改めて気付かされました。

こんにちは
小保内です。

2013/12/29にコブレッスンにご参加頂いたA様より感想を頂きました。

29日のレッスンありがとうございました。
初めてコブレッスンを受講しましたが、講習中の実技指導や説明がとても分かり易く大変
勉強になりました。
分かっていたつもりでしたが、ゆっくり滑る基本動作の
中にいろんなエッセンスが詰まっている事に改めて気付かされました。

しばらくは受講した基本動作の反復練習をしてから、再度受講させていただきたいと思い
ます。

ゆっくり滑る動作の中に基本の全てが詰め込まれているといっても過言ではあり
ません。

すでにスピードを出して滑れる方も、時々はゆっくり滑ることを確認してみてくださいね^^

スピードを出した時の安定感を上げるには、ゆっくりを極める事が大切です。

週末レッスンは基本的にはゆっくり滑る事がメインですが、

・暴走せずにスピードを上げたい。
・スピードを出しているのになぜかゆっくり見える安定感が欲しい。
・雪面に板が張り付いたかのようななめらかさが欲しい。
・周りから一目置かれる滑りを身に付けたい。
・どうしても1級に合格したい。

といった、一歩先行く技術を身に付けたい方や、特定の目的を持った方にはこちらをお勧めします。

整地とコブが同じという意味が理解できました!

●整地とコブが同じという意味が理解できました!

こんにちは
小保内です。

2013/12/29に夏油高原でのコブレッスンにご参加頂いた土橋様より感想を頂きました。

レッスン楽しかったです!
実際にレッスンを受ける前は、
「整地」と「コブ」の滑り方が同じと言う意味が分かりませんでしたが、指導して頂き少しずつその意味が理解出来ました。
シーズンの初めに正しい知識を手に入れることが出来ましたので、体が知識に追い付く様に今シーズン頑張ります。

・コブに特別なテクニックはない。
・整地で不自然な事は、コブでもやってはいけない。

めちゃくちゃ大事な事ですよね!

コブに特別なテクニックは必要なのではなくて、コブに入ると整地と違う事をしちゃうから失敗してしまうんでね~。

こちらでは、整地とまったく同じ意識と動きでコブに入ることを雪上で体感して頂けます。

コブチャレンジの入口を見つける事ができました!

●コブチャレンジの入口を見つける事ができました!

小保内です。
2013/12/28夏油高原でのレッスンにご参加頂いたY様よりご感想を頂きました。

友人の誘いにより昨年より15年ぶりにまたSKIを始めています。
今まではコブは避けてきましたがカムバックを機会にコブ攻略を目標に今回、1日だけではありましたがレッスンに初めて参加しチャレンジの入り口は見つける事ができました。
ありがとうございます。
また参加されている方々の「やる気」に触れる事で良い刺激をもらう事も出来ました。
ただ夏油のA3コブ斜面は初心者にはハードかな?
ミゾの深さに吸い込まれて腰が引けました (^^;
自分のような超初心者はウェーブみたいな段階からだと入りやすいかも。
今まで何をどう練習すればわからなかたのですが今回のレッスンにより自分の基礎部分の弱い所を再確認できました。今
後はそこを強くし颯爽とコブを滑り降りる自分を妄想し練習に励みます。

夏油高原のコブ斜面は結構急斜面だったので、「難しすぎたかな~」とちょっと反省しています^^;

今後は、斜面の選択にも十分気を付けていきますね。

「○○年ぶりのスキー」

と言う方が最近多くて、とても嬉しいです^^

15年ぶりにスキーをする方がコブに挑戦するために、必要なことはこちらでガッチリお伝えしています。