コブレッスン参加者の声

コラボレッスンならではの1テーマに対して複数の視点でアドバイスを頂けるので理解しやすいです。

●コラボレッスンならではの1テーマに対して複数の視点でアドバイスを頂けるので理解しやすいです。

小保内です。
1月奥利根でのエフスタイル木下校長とのコラボレッスンにご参加頂いたとしお様より感想を頂きました。

先日のキャンプでは大変お世話になりました。
以前より参加させて頂いていますが、どうしても「振り子」のイメージが払拭出来ずにいましたが、外向傾の必要性・ポジションの意識ポイント・外足重視など、滑りの安定感を高めるためのアドバイスを頂き、大変参考になりました。
また、コラボレッスンならではの1テーマに対して複数の視点でアドバイスを頂けるので理解しやすいです。
今回頂いたアドバイスを実践できるようコソ連に励みたいと思います。
ご指導いただきありがとうございました。

1テーマに対して複数の視点からアドバイス。

これがコラボレッスンのいいところですね^^

コラボレッスンをする際は、事前にしっかりとテーマを合わせつつ、アドバイスは独自性も出しています。

だから2日連続参加で、両方のインストラクターから学ぶ方が1日参加よりも効果的なんですね^^

2月、3月もこちらでまだまだコラボレッスンを計画してますよ!

整地から始まったので恐怖心がありませんでした!

●整地から始まったので恐怖心がありませんでした!

小保内です。
1/25にコブレッスンにご参加頂いたT様よりレッスンの感想を頂きました。

わたしはコブが苦手でここ数年、レッスンは受けるものの滑れないままでした。
減速ができるスペースのある凹凸のコブならまだいいのですが、溝になっているコブはいつも発射して終了で、そのうちに怖くもなり、溝コブに入ることも嫌になってました。
でも今回のレッスンは、整地での滑りから始まったので恐怖心もなく、その際にもらったコメントで自分がいつも失敗する原因がわかりました。
また自分の悪い部分(癖)を想像すると、余計に納得で。
最近ではコブの練習をどうやっていいのかわからなくなってましたが、今回のレッスンを受講して何を練習したらいいのかわかりました。
受講してよかったです。
ありがとうございました。

コブの練習は整地から始める。

これが一番大切ですね。

・整地からコブ斜面へ
・緩斜面から急斜面へ
・低速から高速へ

すべて段階を踏んで練習していくことが遠いようで実は一番の近道です。

コブを上達したいばかりに、コブしか滑らないなんてことにならないように気を付けたいですね^^

こちらもすべて整地から練習がはじまります。

新しい刺激を受けながら滑る事ができました!

●新しい刺激を受けながら滑る事ができました!

小保内です。
1/25,26の2日間、コブレッスンにご参加頂いたM様よりレッスンの感想を頂きました。

2日間どうもありがとうございました。
いろいろ教えて頂きましたが、ビデオが一番自分の今の状態をしることが出来ました。
まだまだ未熟だなと痛感させられました。
レッスン自体は二日間とも楽しく受けることが出来ました。
お兄さんと弟さんで整地のレッスン内容も違っていて二日間新しい刺激を受けながら滑ることが出来ました。
今後、ひたすら自主練習を繰り返します。
また来年仙台に来て下さい。
来年も参加したいです。

自分の現状を知ることが上達への第一歩ですね。

そのためにビデオ撮影はやはり欠かせないですね。

前から後ろから自分の滑りを”客観的に知る”ことができます。

こちらでは、時間中ずっと撮影させて頂くことも可能です。

これからの自分の練習法が見つかりました!

●これからの自分の練習法が見つかりました!

小保内です。
1/25,26のスプリングバレーでのコブレッスンにご参加頂いたA様よりレッスンの感想を頂きました。

こんにちは。
25日26日とスプリングバレーコブレッスンお世話になりました。
レッスン内容も見本も言葉もわかり易く説明してもらい、これからの自分の練習法が見つかりました。
また近場かスプリングバレーでレッスンがある時は参加したいですのでよろしくお願いします 。
今度はショートターンレッスンやってもらいたいです。
ありがとうございました。

こちらで見つけた練習法を、その後コツコツと繰り返し練習していけば、必ず上達します。

ひとつずつ確実に身に付けていきたいですね^^

「無理かも」としり込みしていたのが「できるかも」と思えるようになりました!

●『無理かも』としり込みしていたのが『できるかも』と思えるようになりました!

小保内です。
1/11に白樺湖でのコブレッスンにご参加頂いたK様よりレッスンの感想を頂きました。

今までは 斜面の上に立つと『無理かも』としり込みしていたのが『できるかも』と思えるようになりました。
実際には YouTubeの通りで赤面モノですが。。
どうも片側がうまくいきません。
片側だけコブを降りては中断、また片側だけ降りて中断となってしまい なかなか両方を連続して降りることができません。
今シーズンは まだゲレンデに立つ機会を持てるので 練習を続けたいと思います。
今回レッスンを受けた高橋先生は 柔らか口調で丁寧で とても好感が持てました。
来年は小保内先生のレッスンも受けてみたいです。
今シーズン、自分で練習する中で 新たに疑問に思う点等があるかもしれません。
その時は お尋ねするかもしれませんので その節はまたどうぞ宜しくお願いします。

コブは安全な入り方さえ学んでしまえば、あとはどんどん自主練習が可能になります。

白樺湖では、高橋君とのコラボレッスンでしたが、色々な方に教えてもらうといいですね^^

そして、今の自分に一番合うものを使っていけばいいですね。

こちらでも、時々コラボレッスンがありますので、ぜひチェックしておいてくださいね。

コブと整地同じ技術で滑る事が新鮮でした!

●コブと整地同じ技術で滑る事が新鮮でした!

小保内です。
1/19の奥利根コブレッスンにご参加頂いたS様よりレッスンの感想を頂きました。

今回初めて参加させていただきました。
スキーを始めてから3年で、コブをすべることを考えるのはまだ早いかな?
とも考えましたが、いずれ挑戦するなら今のうちにやってみようと思い、いろいろ調べた結果、小保内コブレッスンに行き当たりました。
非常に丁寧に教えていただいて、勉強になりました。
コブをすべるのと、整地をすべるのは別物だと思っていましたが、今回のレッスンで、どちらも同じ技術ですべるのだと教えられて、非常に新鮮でした。
機会があればまた参加したいと思います。

コブをゆっくり滑るのに、特別なテクニックは必要ありません。

整地とコブでやること、意識する事を一致させることが重要ですね^^

それを頭の中だけでなく、雪上で実感してもらうのがこちらです。

昨年に比べると格段にレベルアップしていると実感できました!

●昨年に比べると格段にレベルアップしていると実感できました!

小保内です。
1/18に奥利根コブレッスンにご参加頂いたA様よりレッスンの感想を頂きました。

レッスンを経て、左右のターンにばらつきがかなりあるがわかりました(右谷足の時)。
上体のポジショニングが悪いということを指摘していただきました。
緩斜面のコブならばコントロールできるようになってきたのですが、急斜面のコブ、溝の深いコブ、固いコブになるとごまかしが効かなくなり、途中からどうしてもコントロールしにくくなります。
ですが、上体のポジションを谷側にキープし、しっかりと足を踏み込めばということを教えていただきましたので、急斜面などの苦手なところではそこが不十分なんだろうと思っています。
YouTubeの動画(1/18木下班一番目)を見て思ったのですが、板の裏側が見えていました。いつも数センチ浮いているという感じでした。
やはり、十分に板を踏めていないことが分かります。
とはいえ、昨年受講する前に比べると格段にレベルアップしていると実感できます。
来年はまた参加させていただくつもりです。
なんとか中級のレッスンに参加できる位までレベルアップしておきたいです。

レッスンって、毎週毎週受けるものではないですよね。

と、僕は思います。

この方のように、レッスンを受けるのは年に何回と決めて、あとは自主練でいいです。

シーズン数回、信頼できるインストラクターに見てもらう。
そして課題を受け取り、自主練をする。

多くのスクールでは、何回も参加してもらう事を拒みません。

当たり前ですよね、その方が儲かりますから(笑)

何度もレッスンを受けるのではなく、大事なのは習った事を自主練することです。

それなくして、1日で急激な上達なんてあるわけないんです。

それを勘違いして、「一気に上達させてくれ」というスタンスの方はレッスンには参加しないでくださいね。

お互いつらくなるだけですから^^;