オフトレーニング

サマーゲレンデコブ動画

こんにちは
小保内です。
山梨ふじてんのサマーゲレンデにあるコブ斜面の動画を発見したので張り付けちゃいます^^

コブの間隔も練習しやすそうですね^^
この動画はたぶん、以前こちらの記事で紹介した先生かなと思います。
「う、、うまいです!」
さすがですね^^
こうやって、スタートからゴールまでず~と同じ速度を維持して滑れることが重要です。
これからサマーゲレンデに挑戦してみようという方は、ぜひイメトレしてみてください。
他にもYoutubeで、
「ふじてんサマーゲレンデ」
などと検索すると動画が出てくると思います。
ぜひチェックしてみてください!

全て雪と同じ感覚を求めない。

こんにちは
小保内です。
最近サマーゲレンデに関する質問が多く寄せられてます。
で、サマーゲレンデで練習する際に気を付けたい事なのですが、
「雪とまったく同じ感覚を求めない」
ってことです。
「雪と同じ感覚で練習できますか?」
という質問が多いのですが、やはりブラシですので雪と感覚は違います。
じゃあ、練習にならないかというと、そうではないですよね。
サマーゲレンデにはサマーゲレンデの特性があり、完全に一致はしないけども、雪上と共通して意識できるポイントを部分的に探して練習すればOKです。
例えば、雪上よりもエッジがかかりにくいのがサマーゲレンデですが、逆にいうと、ゆっくりエッジを立てていく事だったり、面にのることだったり練習できるポイントはあります。
こちらの記事も参考にしてみてください。
他のオフトレもそうですね。
全て雪と同じ状態を求めるのではなく、この部分が雪上でも役立つという部分を見つけて練習してみてくださいね^^
全国のサマーゲレンデ一覧はこちら

ブラシの滑り方は雪道での車の運転に似ています。

こんにちは
小保内です。
知り合いのスノーボードのインストラクターが、雪のゲレンデと、ブラシのサマーゲレンデとの違いを車に例えてブログに書いてくれています。
スキーもスノーボードも共通する点は多いですね^^
こちら

サマーゲレンデは練習になりますか?

こんにちは
小保内です。
以前こちらで紹介したサマーゲレンデに関して、
・練習になりますか?
・板のソールは傷つきますか?

という2つの質問が最近多いのですが、
私は、兵庫県の大屋スキー場でインストラクターをしている時に、毎週サマーゲレンデで滑ってました。
で、練習にはなります。
最初は凄く難しいですが、本当に正しい姿勢やポジションが維持できないと、すぐにバランスを崩します。
その時は、低速で滑る練習にすごくいいなと感じていました。
ただ、サマーゲレンデと言っても、今は色々な種類の人工芝がありますし、エッジの研ぎ具合によっても感覚がだいぶ違いますので、一概には言えないのですが、まだ滑ったことの無いかたは、一度試してみるのが一番です^^
最初は、雪との感覚の違いにビビると思います(笑)
ちなみに板のソールは傷つきやすいのかな~と思います。
熱でブラシが溶けて、ソールに張り付きますし、私は冬に使わない板を使ってました。
全国のサマーゲレンデ、一覧はこちら

スケーティングシェイプ2、使い始めました。

こんにちは
小保内です。
オフトレにこいつを使い始めました。

スケーティングシェイプ2です。
1と2の違いは、ストック付きが無しかの違いです。
2にはストックがついてます。
専用マットの上で、ツルツルのスリッパみたいのを履いて、左右に滑りながらターン感覚で有酸素運動ができます。
そして、下半身の筋肉を意識した動きだけではなく、上半身も鍛える事ができます。
最高です。
今度、動画撮ってアップしますね^^