上達する人としない人

まさかコブばっかり滑ってないですよね?

こんにちは
小保内です。

いきなりコブで練習しない。

これ、かなり大事ですよ^^

コブを滑りたいと思えば思うほど、コブばっかり滑りたくなるのですが、まず大事なのは、

コブを意識した整地の練習です。

コブをイメージしながら、ゆっくりしたスピードで整地で練習してみてください。

この方が近道です。

この事を意識してゆっくり滑りましょう。

自分に自信が無いうちに上達の土台を作る

こんにちは
小保内です。
ありがたいことに、毎日たくさんのメールをお客様から頂戴するのですが、
こんなメッセージが多いので紹介させて頂きます。
「もう少しレベルを上げたらぜひレッスンに参加させて頂きます!」
これ、実は上達損してます。
レベルが低いうちに参加してしまった方が上達の近道なんですよね。
逆にレベルが上がったら入らなくていいですからね~^^
自分に自信が無いうちに、早めに上達の土台を作ってしまうのが正解です。

モーグル?それとも基礎?

小保内です。
いつもうんざりしちゃうんですよね^^;
この質問
「モーグルですか?基礎ですか?」

はっきり言って、、
どうでも良くないですか?(笑)
自己紹介をすると必ず聞かれますね。
「ただコブを上手に滑りたいだけです。」
これで良くないですか?(笑)
あとは好き嫌いの問題ですね。
基本は変わらないですから。
どうしてジャンル分けしてしまうのでしょうか?
自分の滑りの幅を狭める事になるだけですから、皆さんも気を付けましょうね^^
冬に向けて、まずは柔軟な頭を(笑)
一つの技術じゃ滑れる斜面も限られてしまいますからね。

誰に教わるか?

こんにちは
小保内です。
「レッスンを受講する。」
一緒に滑る仲間や教えてくれる人が身近にいない場合、レッスンを受けるのも上達の近道ですが、
問題は
「どこのスクールに入るか」
ということと、
「どの先生に教わるか」
です。
同じスクールでも先生によって教え方は様々で、本当に信頼できる先生を見つけないと上達が遠回りになってしまうなんてことも・・
ひとつ言えることは最新のテクニックばかり教えたがるところは避けた方がいいということです。
特にここ数年のトレンドと言われていたテクニックは、難しい斜面において非常に脆弱なものが多いです。
もう一つは、自分が教える以外のテクニックを批判するインストラクターは止めた方がいいでしょう。
スキーのテクニックというのはたくさんあった方がいいのです。
最近のトレンドは脆弱だったけど緩斜面を楽に滑るには都合が良い。
という風に、状況を選んで使えるように吸収しておけばいいのです。
ただ、そんな中でも基本だけは変わりません。
大事なのは基本を重視してくれて小さなステップを自分に合わせて踏んでくれるところです。
コブで言えば私がお勧めできるのは
長野県白馬五竜の角皆さん
群馬県奥利根の木下さん
この二人は僕もコラボしてレッスンをさせてもらってますし、
(今年も計画しています。)
10年前から僕自身も教わってますので自信を持ってお勧めできます。
10年前から教えていることが一貫していて、ブレてません。
難しい斜面をすべるための基本は10年前から変わってないんです。
その基本が強固なものになる前に最新のテクニックばかり練習していると上達しているようで、まったく前進できていない。なんとてことになりかねません。
小手先のテクニックだけに流されないように気を付けたいですね^^;
僕のレッスンも基本しか重視していません。その先の細かなテクニックは個々のレベルに応じて伝えていくようにしています。

本番に弱い男

「本番に弱い男」
かつて、
こう言われ続けていた小保内です。
本番とは、大会だけに限らずデモンストレーションや、お手本として滑る場面でも。
スキー技術ではなく、そういう状況に対して”僕の心”が脆弱だったのです。
今では、少しずつ克服してきましたが基本的に憶病で、格好つけで周りに上手な人がいると自分がどう見られているのか気になって仕方ありません。
ただ不思議とレッスンをしている時はそんなことが全く気にならないのです。
自分でも良くわかりませんが
「一人じゃないから」
かなと思っています。
だから、普段滑るときもできれば一人で滑るよりは二人や三人で滑った方がいい。
お互いの滑りを見合って指摘する事も出来るし、楽しさも増えるしテンションも上がる。
今冬は、一緒に滑ってくれるスキー仲間を見つけてみてください。
良いパートナーが見つからない場合はレッスンを受けるのも一つです。

リフトに乗っている人の視線が気になって滑るのが怖いです。

こんにちは
小保内です。
こんな質問を頂きました。
「コブ斜面がリフトから見えるところにあるとリフトに乗っている人の視線が気になって滑るのが怖いです。」
この気持ち、よ~くわかります!
僕もそうでしたから。
下手くそな自分を見てあの人はどう思ってるんだろう?
失敗して転んだら、笑われてるんじゃないか?

または、必要以上に格好良く見せようとして、技術に集中できない。
なんてこともあります。
こんな時は、逆に自分がリフトに乗りながらコブ斜面を滑っている人を見ている時の気持ちを考えてみればいいんですね。
転んでる人を見たら
「うわ!こけた。ダセ~」
「なんだあいつ下手くそだな~」
なんて、思わないですよね(笑)
みなさんが滑っている時も周りの人はそんなこと思ってませんから(笑)
気にせず練習しまくればいいんです。
周りの視線をシャットダウンして
今自分が練習している
”技術に集中する”
この心の状態をしっかりと作ることも上達するためには重要な要素ですね。

そんなことより、どんどんテクニックを教えてくれ

こんにちは
小保内です。
GWに角皆さんとのコラボキャンプにご参加頂いたお客様より感想を頂きました。

・よ~し!、という感覚を持つレッスンの最初のお話はとても興味深かった。
・少数で密度の濃いレッスンでとても満足。
・動画のチェックはとても良いシステムと思います。
・リフト上で伺った質問にも気兼ねなく詳しく解説いただき、とてもうれしかった。
特に苦言が見つからないので、来シーズンもチャンスがあれば受講したいですね。
その時はよろしくお願いします。

今シーズンは角皆さんと2回ほどコラボレッスンをさせて頂いたのですが、必ず朝一番はミーティングから始まります。
上達に絶対欠かせないマインドからスタートするわけです。
感想を頂いた「よ~し!」というのは、朝一番で行ったミーティングでのマインド部分のお話です。
心技体の一番最初、心の部分ですね。
おそらく僕の予想では、「そんなことよりも、どんどんテクニックを教えてくれよ」という方もいるかと思います。
それでも、マインドから入るのは、
以前も書きましたが、心と体が上達の基礎だからです。
もちろんテクニックもちゃんとやりますけどね^^;