腿の内側の筋力が重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは
小保内です。
今日は、岩手の岩手高原におりますがまさにスキー日和
素晴らしいゲレンデに最高の天気。
そんな中私はというと痛めた左足がまだ完治しないため、お留守番です。
しかし、そんな時でも、気持ちはスキーです^^
私は、ターンの時膝が必要以上に内側に入ることが悩みの一つです。
膝が内側に入るということは、板に対してダイレクトに力を伝えることができない事に加え、怪我のリスクも高くなるという、大きな問題点があります。
そこで、膝が内側に入らないように、ブーツのカントを調整し直そうと思うと、トレーナー経験のあるスタッフに言ったところ、こんな答えが返ってきました。
「カントも原因かもしれないですけど、内腿の筋力が弱いんですよ」
内腿の筋力というのは、非常に鍛えづらい場所で、内腿の筋力が無いと、足をストレートに使って踏ん張ることができずに、外側の筋力で踏ん張ろうとして膝が内側に倒れてしまう。
ということです。
そこで、内腿の筋力を鍛えるためにどうしたらいいかというと、
例えば
椅子に座った状態で、両ひざの間にコピー用紙のような紙をはさみます。
これが落ちてしまわないようにキープするだけです。
一見、超簡単そうに思えて、これで本当に鍛えられるのかといった気になりますが、テレビを見ながら10分キープしてみてください。
プルプルしてくると思います^^
小さなゴムボールを挟んで、落ちないように圧縮するような動きを繰り返すのも効果的です。
家でぼーっとしている時にでもやってみてください。
女性は内腿が特に弱いようなので、これをやっていると足を細くする効果もあると思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*