筋肉痛が発生した場合は何もしない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小保内祐一です。
久しぶりに体を動かすと、次の日に襲われる筋肉痛。
誰もが経験あると思います。
そもそも筋肉痛は、筋肉を動かしたことによる筋肉の損傷が原因です。
筋肉のかなり深い細かいところで筋肉が切れています。
そこで、筋肉痛になってしまった場合の対処法なのですが、
自己治癒能力に任せて、何もしないことが大切です。
ひどい場合はシップなどで対処しますが、特には何もしなくて大丈夫です。
「筋肉痛には運動やストレッチがいい」なんて言われていますが大間違いです。
むしろ、痛めつけています。
筋肉痛が起こっているときは、筋肉の細かい繊維が切れたのを修復している時なのです。
せっかく治しているところに運動やストレッチをしていまうと逆効果になってます。
お風呂などにゆっくり使って血行をよくしてあげましょう。
初滑りの次の日、準備して望んでも、普段使っていない筋肉はやはり筋肉痛になったりしますね。
回復するまでゆっくりと待ってあげましょう^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*