後傾はどうやって直せばいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小保内です。
コブを滑る上で、永遠のテーマに感じている方もいるのではないでしょうか?
「後傾」
皆さんもおそらくうんざりするほど聞く単語かと思います。
では、後傾はどうやって直せばいいのか?
ここで問題なのが、
そもそも日常生活から後傾姿勢になってしまっていないか?
ということです。
日本人の多くがかかと寄りに重心があると言われていますが、正直言って姿勢とか重心の位置とか、長年の癖や生活習慣によってかなり偏っていますから、
意識したからといってすぐに改善されるわけではありません。
粘り強く、注意し続けることが大事です。
そしてもう一つ大事な事は、
道具に頼ることです。
道具を使うことで、強制的に正しい姿勢を作りあげます。
これなら意識することなく、自然に姿勢が矯正されていくわけです。
スキーのブーツでもそうですが、
最も大事なのは、ハード(ブーツの外側)ではなく、インナーとインソールです。
いくら高価なブーツを購入しても、インソールが自分の足に適したものを装着しなければ、何の意味もありません。
話を戻しますが、日常の生活から、下記の図のような姿勢になってしまっていないでしょうか?
かかと寄りに重心があるために、それをカバーしようとして背中が曲がり頭が前に出るという、腰や首に非常に負担のかかる姿勢です。
トゥグリッパー
この姿勢でコブを滑ると、さらに腰に負担がかかるだけでなく、失敗しやすい姿勢と言えます。
それが、つま先寄りを意識することで、以下のように、背筋が伸びて、頭が前にでることもありません。
トゥグリッパー
スキー場で見ていてもとても多いですよね。
おへそが後ろにさがり、上体が前に倒れすぎている方。
(決して棒立ちで滑るわけではありませんが。)
コブを滑るうえで、この姿勢はかなり悪い影響を及ぼすので、十分注意してほしいのですが、
先ほども言ったように、すぐに直せるものではありません。
そこで、
「自分で意識する」よりも強制力のある「道具」が必要になります。
ちなみにこの姿勢矯正に効果的な、トゥグリッパーというアイテムがあるのですが、ご存じですか?
トゥとういうのはつま先の事ですね。
よって、つま先でグリップするという意味です。
そのトゥグリッパーというアイテムを装着すると、必然的につま先で踏ん張ることができます。
トゥグリッパー
私もこの夏から装着し始めましたが、つま先の感覚が圧倒的に変わりました。
そして何よりも装着していると気持ちいいのです^^
もちろん個人差はありますが、夏にオフトレをしている施設でもたくさんのスキーヤー、スノーボーダーが装着して、その効果を実感されています。
・足の裏全体で踏ん張れる
・滑りの安定感が変わった
・単純に気持ちがいい
・仕事の時にも装着したい

そんな中でもみんな口をそろえて言ってることがあります。
雪上でのターンの時にもっと実感できそうだ。
丸1日ブーツを履いた状態で、装着テストをしましたが、特に痛みや違和感はなかったのでその点は安心しています。
後傾で悩んでいる方、日常生活や、スポーツをする時などぜひ装着して試してみてください。
欲しい方がいましたらこちらからご連絡くださいね。いくつか在庫がありますので。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. えいぷりる より:

    SECRET: 0
    PASS:
    わかりました~ヽ(^。^)ノ

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >えいぷりるさん
    こんにちは。
    トゥグリッパー、今のところ私はマイナスの要素は感じないですね。とても気に入ってます。確かに疲れると重心が後ろにいきやすいです。もしくは、どちらの足に寄り掛かるか^^
    それぞれ感じ方があると思うので、試してみたらぜひ率直な感想聞かせてくださいね。

  3. えいぷりる より:

    SECRET: 0
    PASS:
    トゥグリッパーを早速購入しました)^o^(
    私も経験ありますが、爪先を意識すると何となく安定感がありましたよ、やっぱり、理に適ってたんですね)^o^(
    疲れると後傾になりやすいのでこういう道具あるといいですよね、教えてくださり、どうも有難うごいま~す)^o^(

コメントを残す

*